イーサリアムクラシックが51%攻撃受け、5千万円弱の被害|米仮想通貨取引所Coinbaseも入出金を停止

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

イーサリアムクラシックが51%攻撃受け、5千万円弱の被害|米仮想通貨取引所Coinbaseも入出金を停止
 

イーサリアムクラシックが51%攻撃受け、5千万円弱の被害|米仮想通貨取引所Coinbaseも入出金を停止

イーサリアム・クラシックが51%攻撃被害
米大手仮想通貨Coinbaseは米8日、51%攻撃を含む【Reorg】行為を(2019/1/5)発見したと報道した。ETC公式デベロッパー団体も攻撃の状況を調査しながら、各仮想通貨取引所にブロックの「確認数」を増やすように勧告している。一方では、米大手仮想通貨Coinbaseが51%攻撃が現在進行中とし、顧客の資金を保護するため、入出金を停止している。

Coinbaseは、現進行中の攻撃に関して詳しい報告を発表し、以下のように被害金額を明らかにした。

同攻撃は、2018年3月から5月にかけて、ビットコインゴールド(BTG)や、Verge (XVG)と立て続けに二度、巨額の損失を被る被害がでていた(他にも事例あり)、問題化していた動きとなる。

イーサリアムクラシックはこれまで51%攻撃の標的になったことはなかったが、ハッシュレートの影響から攻撃の危険性は危惧されていた。

Abboud氏は、当時時価総額が約20億ドルのETCネットワークを攻撃するためのコストを算出。約1500万ドル(約16億5千万円)を費やすことで、利益を出すことができると論証した。

ETHのネットワークハッシュ値の2.5%分を有しているマイナーでも、ETCマイニングにスイッチングした後、簡単にETCネットワークに51%攻撃を仕掛けることもできると述べており、その状況が危惧されていた形だ。

また、Abboud氏は5500万ドル(約60億円)程使うことで、実質的にETCをコントロールし、10億ドル(1100億円)の純益をあげることが出来るとまで述べた。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B