イーサリアム(ETH)は上昇チャートの中、一時調整の値動きがみられる。今後の流れはどうなる?-1月7日チャート分析

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

イーサリアム(ETH)は上昇チャートの中、一時調整の値動きがみられる。今後の流れはどうなる?-1月7日チャート分析

イーサリアム(ETH)は上昇チャートの中、一時調整の値動きがみられる。今後の流れはどうなる?-1月7日チャート分析

2018年12月中旬以降、価格を大きく上昇させてきた仮想通貨イーサリアム(ETH)は1月5日以降、それまでの上昇を一時終え、調整ともいえる値動きへ移りました。ハードフォーク予定日まで残りわずかとなったイーサリアムは今後も更に上昇する値動きはみられるのでしょうか?チャートを確認していきます。

ETH/BTCの日足チャートをみていきます。2018年中旬以降、価格を大きく上昇させてきたETHは2019年1月5日には0.041BTC台まで上値を伸ばしました。0.041BTC台という価格帯は2018年の8月末にレジスタンスラインとして機能した価格帯であり、2018年12月28日以降、強い反落を見せず価格を伸ばしてきたETHにとって一つの転換線となる可能性を持つ価格帯でした。1月5日以降のETHはそれまでの上昇を一時終え、大陰線の形成を始めます。本日1月7日には下値を0.0377BTC台まで下げた形をみせています。直近の0.0376BTC台は過去のETHチャートにてレジスタンスラインとして機能した価格帯です。そのため、現在反落をみせているETHにとってレジスタンスラインをサポートラインへロールリバーサルされるのか注目する一つのポイントといえるでしょう。

ETHの注文比率を見た場合も、これまでの上昇チャートに沿って上昇していた買い注文は一時上昇を止めており、対する売り注文が上昇の動きを見せ始めました。注文比率の動きから見ても、これまでの上昇を終える雰囲気が高まる形となりました。

次にETH/BTCの2時間足チャートをみていきます。これまで長く上昇チャートを形成してきたETHの出来高は平均的に高いものとなっており、流動性が上がっていることがわかります。その中でも、更に高い出来高を形成したポイントを2019年以降の2時間足チャートで見た場合、前回のレジスタンスラインである0.0376BTC台突破時、1月5日に接触した現在のレジスタンスライン接触時、そしてもう一つは本日1月7日未明となります。

2時間足チャートでは、この1月7日未明は一目均衡表の雲に接触するタイミングであったため、反発の動きがみられた可能性があるということ、更に主要仮想通貨である仮想通貨ビットコイン(BTC)が高騰したタイミングでもあります。可能性としてETHからBTCへ資金が流出した結果、ETHに大陰線が形成された可能性が高い状況ではありますが、一目均衡表雲の接触するタイミングでもあった為、今後も雲が強く機能すう可能性があります。既に一目均衡表の雲を抜けたETHではありますが、1月9日には一目均衡表雲は非常に薄まる見通しとなっているため、再び上昇するチャンスが訪れることになるでしょう。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B