「休眠状態のビットコイン」数量と相場の相関性を考察|Huobi研究所が10年間のBTCデータを分析

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

「休眠状態のビットコイン」数量と相場の相関性を考察|Huobi研究所が10年間のBTCデータを分析
 

「休眠状態のビットコイン」数量と相場の相関性を考察|Huobi研究所が10年間のBTCデータを分析

10年間における眠りのBTC及びヒットワード変化トレンド

Huobi研究所のデータによると、永久紛失したBTCは大凡200万〜300万があり、BTCトータル数量の12%〜18%に該当すると分析。データ分析の内容を掲載。

実際BTCブロックチェーンにはどれほど取り出せなくなったBTCが眠っているか、市場流動通貨減少が通貨価格に影響する観点からも仮想通貨愛好者の間で話題になった。なお、2018年7月のウォールストリートジャーナルは、全流通量のおおよそ5分の1のBTCはすでに取り出せなくなっていると報道している。

今回、Huobi研究所ではビットコインのジェネシス・ブロックから10年経った現在までのBTCブロックチェーンデータを分析、未使用(休眠状態)のBTC数を時間列で統計を掲載した。

Huobi研究所がブロックチェーンデータを調べた結果、2015年以前から保有され、2015年以降動いていない休眠状態のビットコインは、全流通量の24%にも及ぶことがわかった。使われているBTCのほうは76%を占めている。

図2. 眠っているBTC(年度別) 単位:万

2018年のBTCトランザクション全体を見ると、2015年1月1日以前から眠っていたビットコインのうち、下落が顕著になった2018年にアクティブ化(動か)されたBTCは104万BTCあると判明した。時間分布は下記の図の通りで、2018年にアクティブ化されたBTCの数量に、1〜2月、4〜5月、8月及び12月という四つのピークが存在している。

このデータを見る限りだが、要するに大量保有していたBTCが動かされたタイミングでは、直接的な売り圧力になるということにはなっていない様だ。

図3. 2018年にアクティブ化されたBTCの数量

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B