大口投資家による「ビットコインOTC取引」が買い優勢に、年始以降の買い戻し需要を示唆|仮想通貨市況

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

大口投資家による「ビットコインOTC取引」が買い優勢に、年始以降の買い戻し需要を示唆|仮想通貨市況
 

大口投資家による「ビットコインOTC取引」が買い優勢に、年始以降の買い戻し需要を示唆|仮想通貨市況

仮想通貨市場
ビットコインなど仮想通貨のOTC取引についてGalaxy Digital社は、「昨年末にかけて、税金回避売りがアセットマネジャーや財政資金口座で確認されている」と言及。年始以降の買い戻し需要を示唆した。

また、先週末に付けた大陽線(2万円幅)の後、上値は45〜47万円付近に厚目のレジスタンスラインがあるため、よほどの好材料がない限り上抜けは難しいと思われるが、これを超えた場合は、短期的には50万円付近までの上昇を期待できるだろう。

一方、大幅アップグレードを控えるイーサリアムが急騰するなどしてアルトコインが仮想通貨市場を牽引した場合は、上昇トレンドに向けた道が拓けるかもしれない。

「OTC取引」で、多くの買いが見られていることはThe Blockの調査でも判明している。

Genesis Trading社のCEO「Michael Moro」氏は、同社のOTC取引において、年末に多くの売りが見られた後、買いが増加傾向にあることを認めた。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B