ライトコイン(LTC)総合格闘技UFC の広告効果レポート「ノックアウト(勝利)した!」

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ライトコイン(LTC)総合格闘技UFC の広告効果レポート「ノックアウト(勝利)した!」

ライトコイン(LTC)総合格闘技UFC の広告効果レポート「ノックアウト(勝利)した!」

12月29日(日本は30日)に開催された世界最強のファイターが集う究極の総合格闘技 UFC 232の公式スポンサーを務めたライトコイン財団は、その広告効果を「いくつかの理由で、ノックアウト(勝利)した。」と報告しました。

UFCは毎年世界中の180カ国以上で約11億世帯に放送されています。最高時は160万以上のユニークビューを獲得するUFCの興行で、年末イベントは年間で2番目に高いペイパービューであると言われています。この日の全てのカード13試合で、リングキャンバスに「LITECOIN」ロゴが表示され、メインマッチでは「共同オフィシャルスポンサー」として名前がアナウンスされました。

TweetBinderの分析レポートによると、ツイッター上の「Litecoin UFC」の検索結果は7日間で40,697,646以上のインプレッションを集め、16,035,068人のユニークユーザーがアクセスした可能性があります。このワードとハッシュタグの結果は、ツイッター単独の広告効果で約8万ドルに相当すると推定されます。イベント当日に向けていかのボリュームで言及されました。

累計ツイート数:10,402件。
累計リプライ数:687。
累計リツイート数:7,327件。
トータルリンク/写真:1,935件

UFCの公式ツイッターによる、試合に関する一つのツイートは、50コメントのうち37がLtecoinロゴに関するものでした(投資家ですが)。1,124回いいねが押され、257回リツイートされました。

以下のグラフは、12月26日から1月4日の間の「Litecoin UFC」のGoogleトレンド検索結果を示しています。

29日のライブイベントまでの期間に正の相関があります。メインイベントで司会がライトコインを「UFC 232の公式仮想通貨」として発表した時、検索数はピークを迎えました。結果、Googleの「Litecoin UFC」の検索数は324,000件に上りました。

上図のように「Litecoin UFC」のGoogle検索結果の大部分は米国からで、オランダとオーストラリアが2位と3位。5位以降はカナダ、ドイツ、イギリスが続きました。

ライトコイン財団は、インスタグラムやユーチューブについても、それぞれ数万PVを越える多くの投稿を観測しました。コインデスクやコインテレグラフの様なクリプトメディアはもちろん、Sherdogのような格闘技メディアやビジネスメディアで記事にされた事も広告効果として評価しました。

ライトコイン財団はUFCとのパートナーシップについて、新たな方法で進展させるべく、議論を継続する意向を示しました。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B