IOSトークン(IOST)が1週間で30%上昇、トロンやイオスとdAppゲーム競争も

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

IOSトークン(IOST)が1週間で30%上昇、トロンやイオスとdAppゲーム競争も

IOSトークン(IOST)が1週間で30%上昇、トロンやイオスとdAppゲーム競争も

メインネットのローンチを控えるIOSトークン(IOST)は過去1週間で30%上昇しています。1IOST=0.75円前日比7.95%高、時価総額90億円で55位にランクしています。IOSトークンは、昨年12月14日に最低価格0.4円を付けて以来、75%成長しており、停滞する仮想通貨市場で、躍進を遂げたコインの一つです。

「分散型エコノミー」を実現するために、十分な拡張性を備えたブロックチェーンプラットフォームを構築するIOSトークンは、2月25日にメインネットのローンチを予定しています。

IOSトークンは、コミュニティに参加する方法を知っていて、その「スケーラブルで完全に分散化されたブロックチェーン」の立ち上げに対して大きな興奮を呼び起こしました。

現在、IOSトークンは「スケーラブルで完全に分散化されたブロックチェーン」の確立に向けて、ノードとなる協力者を募っています。ノードは、IOSTネットワーク独自のコンセンサスアルゴリズムである「プルーフオブビリーバビリティ」を担います。実際にノードの需要は非常に堅調で、分散型なやり方にもかかわらず、IOSTは既に世界中で1,000ノードを予測しています。さらにIOSトークンの共同設立者Jimmy Zhong氏は、「より多くのパートナーを参加させるために参加障壁を大幅に下げる」と述べています。

また、IOSトークンはメインネット開設後の障害を防ぐため、報奨金プログラムを立ち上げました。開発者がコードを見直して脆弱性を発見するよう、インセンティブが設定されています。バグのリスクレベルに応じて、最大50万IOSTの懸賞金が付与されます。先週、IOSトークンは22のバグ報告を受け取りました。アプリケーションの多くはiOSとAndroidのモバイルウォレットで、残りはスマートコントラクトやSDK(開発キット)などに分散しています。

IOSトークンはまた、分散型アプリ(dApp)ベースの競争準備を進めています。昨年6月に設立した5000万ドル(約55億円)規模のアクセラレータプログラム「Bluehill(ブルーヒル)財団」を設立。Bluehillのサポートを受ける予定のプロジェクトには、スマートコントラクト監査プロジェクトCertikが含まれました。同社はバイナンスからも出資を受けています。

12月にBluehill財団は、IOSTのdAppエコシステムのdApp開発者とプロジェクトのインキュベーションにフォーカスする3000万ドルのファンド「Pioneer」を立ち上げました。Pioneerファンドは、Endless Gameに350万ドルを出資。この収益分配型ギャンブルゲームは、IOSトークンメインネット上で起動し、またノード選挙にも参加します。Endless GameはすでにEOS上で稼働しており、IOSトークンに加えてトロンネットワーク上での起動を検討しています。トロンもまた、ブロックプロデューサーの制度を施いています。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B