スクウェアエニックス「ブロックチェーン技術の応用」に高い関心|大手メーカーのdAppsゲーム参入が実現した場合、仮想通貨業界にも追い風

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

スクウェアエニックス「ブロックチェーン技術の応用」に高い関心|大手メーカーのdAppsゲーム参入が実現した場合、仮想通貨業界にも追い風
 

スクウェアエニックス「ブロックチェーン技術の応用」に高い関心|大手メーカーのdAppsゲーム参入が実現した場合、仮想通貨業界にも追い風

スクウェア・エニックス、「ブロックチェーン技術の応用」に高い関心

国内最大手ゲームメーカーがブロックチェーンに高い関心を示していることがわかった。ブロックチェーンゲーム参入が実現すれば、dApps領域と親和性の高い通貨に巨大な実需が生まれるため、日本の仮想通貨市場にとって大きな追い風となるだろう。
dAppsとは

Decentralized Applications(分散型アプリケーション)の略。
従来のアプリケーションをオープンソースの「ブロックチェーンベース」で構築していく仕組みのことで、イーサリアムブロックチェーンを用いるdAppsゲームが、投資家の人気を集めている。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

2018年以降は、仮想通貨ビットコインやイーサリアムの価格推移を含め、市場全体は大きく低迷したものの、一方でブロックチェーン(dApps)ゲーム領域では、新しい投資先としても市場規模が急拡大しつつある。

ブロックチェーンを利用したブロックチェーンゲームには、イーサリアムブロックチェーンのスケーラビティ問題など様々な課題があり、ゲーム性やUI/UXでは、ソニーのプレイステーション4や任天堂Switchなどの家庭用ゲーム機やスマートフォンでプレイできるソーシャルゲームに遠く及ばないものの、黎明期ならではの「シンプルイズベスト」な奥深さや、ブロックチェーンゲームならではの「コレクティブル要素」でファミコン・スーパーファミコン世代を中心に好評を博している。

ブロックチェーンゲームの代表例としては2017年末、「CryptoKitties」が、イーサリアムブロックチェーンを使用したdAppsで世界的人気を博し、その後、最も希少価値の高いレアアイテムが、オークションで約1,500万円で取引されるなどして大きな反響を呼んだ。

また、現在ETHブロックチェーンゲームNo.1の国産dAppsである「マイクリプトヒーローズ」の開発会社double jump.tokyoが、上場企業のDLEやgumiと資本・業務提携を行ったほか、年末年始からテレビCMを打ち出すなど一般認知度も広げ始めており、ETHベースのDAUで全アプリの中で世界一を達成。プレセール及びクラウドセールで限定販売した上級アセットが10倍以上に高騰するなど人気化している。

実際に、外部プラットフォーム「OpenSea」などで一部レアカードが高値で頻繁に売買されるなど、BTCFXにおけるショートポジション(空売り)以外の選択肢で仮想通貨投資の利益を出すことが難しい市況が長引く中、ブロックチェーンゲームは”新たな投資先”として投資家の関心を集めていると言えるだろう。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B