ビットコイン2度の急落で再度40万円下回る 下落要因と専門家の最新意見まとめ|仮想通貨朝市況 

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコイン2度の急落で再度40万円下回る 下落要因と専門家の最新意見まとめ|仮想通貨朝市況 
 

ビットコイン2度の急落で再度40万円下回る 下落要因と専門家の最新意見まとめ|仮想通貨朝市況 

ビットコイン急落
ビットコインは、方向性を見定めていた動きから一変、レンジ相場をブレイクする形で2度の急落を記録し、24時間の値幅では4万6000円の暴落相場を経て、40万円をついに割った。本記事では現在の下落要因と専門家の最新意見、また新たに見られたポジティブニュースを掲載。

8時時点のデータは以下の通り。

仮想通貨市場でビットコインは11日、方向性を見定めていた動きから一変、レンジ相場をブレイクする形で2度の急落を記録し、24時間の値幅では4万6000円の暴落相場を経て、前日比で9%安となる39万円台で推移している。

下落幅が最も高いBitmexやbitFlyerでは割っているが、Coinbaseなどの米ドル建て取引所の価格でみると、12月28日の安値付近で下げ止まっていることもわかった。

当時の状況を取引所別に掲載し分析を行なったハル氏(@kasou365)は、BTCの下落はBitfinexの下げが先行し、BitMexで強い売りが発生したことを分析結果として挙げている。

なぜ相場は急落したのか?現在わかる状況を以下にまとめた。

Anthony Grisanti氏

ビットコインはバブルであるため、本来は昨年末見られた下落で弾けるべきだったが、結果的にそうはならなかった。

私は3800ドルでショートを入れた。

現在ビットコイン価格は3600ドル台を推移しているため、Grisanti氏の予想は一部的中していた事となる。

Scott Nations氏

ビットコインはバブルだ。

20代のみなさんは本当のバブルを経験した事がないだろう、2008年はまだ10代、インターネットバブルに関してはほとんど覚えていないだろう。しかしこれは本当のバブルで、実際に崩れ始めている。

しかしそれでも底はまだ到達していない。

本日のニュース

相場は下落相場の様相を呈しているが、仮想通貨業界には相場にプラスとなり得る2つの最新ニュースが報道されている。

ロシア政府、100億ドル分のBTC購入予定を検討中

ロシアの大学教授の発言が界隈から注目を集めている。

ロシア最大級の大学、Russian Presidential Academy of National Economy and Publicで教授を務めるVladislav Ginko氏は9日、ロシア政府が米政府からの経済制裁を理由に100億ドルをビットコインに換金する構想がある事を明かした。

米国の経済制裁の影響はビットコインで軽減されるかもしれない。現在ロシアのエリート層は経済制裁を理由に、米資産や米ドルの投資をビットコインに入れ替えざるを得ない状況となっている。

ロシアの中央銀行は4660億ドル分の資産を有しているが、将来的なリスクも考えて分散化を検討している。

Ginko氏によると、ロシア政府は総額4700億ドルの資金を段階的にビットコインに換金していく構想を有しており、まずは100億ドルからスタートすると語っている。法定通貨の予算を仮想通貨に変えるのが目的である。

なおロシア政府からビットコインの購入に関する正式な声明は未だ発表されていない。

新たな現物決済のビットコインETF申請が米SECへ提出

仮想通貨のインデックスファンド企業Bitwise Asset Managementは、米時間1月10日に、現物のビットコインに準拠するETF(上場信託投資)の登録書をSEC(証券取引委員会)へ提出したことを公式でアナウウスした。

出典:SEC

最大の特徴はビットコインの現物決済と規制された正規の第三者カストディアンの利用で、世界初の原油ETFの実現にも手がけたJohn Hyland氏がBitwiseのETF担当責任者を務めており、以下のようにETFに対する期待感を述べた。

必ずしもSECに承認される確信はないが、2019年にはビットコインETFが実現すると我々は見ている。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者10,000名突破。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Scott Nations氏

ビットコインはバブルだ。

20代のみなさんは本当のバブルを経験した事がないだろう、2008年はまだ10代、インターネットバブルに関してはほとんど覚えていないだろう。しかしこれは本当のバブルで、実際に崩れ始めている。

しかしそれでも底はまだ到達していない。

本日のニュース

相場は下落相場の様相を呈しているが、仮想通貨業界には相場にプラスとなり得る2つの最新ニュースが報道されている。

ロシア政府、100億ドル分のBTC購入予定を検討中

ロシアの大学教授の発言が界隈から注目を集めている。

ロシア最大級の大学、Russian Presidential Academy of National Economy and Publicで教授を務めるVladislav Ginko氏は9日、ロシア政府が米政府からの経済制裁を理由に100億ドルをビットコインに換金する構想がある事を明かした。

米国の経済制裁の影響はビットコインで軽減されるかもしれない。現在ロシアのエリート層は経済制裁を理由に、米資産や米ドルの投資をビットコインに入れ替えざるを得ない状況となっている。

ロシアの中央銀行は4660億ドル分の資産を有しているが、将来的なリスクも考えて分散化を検討している。

Ginko氏によると、ロシア政府は総額4700億ドルの資金を段階的にビットコインに換金していく構想を有しており、まずは100億ドルからスタートすると語っている。法定通貨の予算を仮想通貨に変えるのが目的である。

なおロシア政府からビットコインの購入に関する正式な声明は未だ発表されていない。

新たな現物決済のビットコインETF申請が米SECへ提出

仮想通貨のインデックスファンド企業Bitwise Asset Managementは、米時間1月10日に、現物のビットコインに準拠するETF(上場信託投資)の登録書をSEC(証券取引委員会)へ提出したことを公式でアナウウスした。

出典:SEC

最大の特徴はビットコインの現物決済と規制された正規の第三者カストディアンの利用で、世界初の原油ETFの実現にも手がけたJohn Hyland氏がBitwiseのETF担当責任者を務めており、以下のようにETFに対する期待感を述べた。

必ずしもSECに承認される確信はないが、2019年にはビットコインETFが実現すると我々は見ている。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者10,000名突破。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ロシア最大級の大学、Russian Presidential Academy of National Economy and Publicで教授を務めるVladislav Ginko氏は9日、ロシア政府が米政府からの経済制裁を理由に100億ドルをビットコインに換金する構想がある事を明かした。

Ginko氏によると、ロシア政府は総額4700億ドルの資金を段階的にビットコインに換金していく構想を有しており、まずは100億ドルからスタートすると語っている。法定通貨の予算を仮想通貨に変えるのが目的である。

仮想通貨のインデックスファンド企業Bitwise Asset Managementは、米時間1月10日に、現物のビットコインに準拠するETF(上場信託投資)の登録書をSEC(証券取引委員会)へ提出したことを公式でアナウウスした。

最大の特徴はビットコインの現物決済と規制された正規の第三者カストディアンの利用で、世界初の原油ETFの実現にも手がけたJohn Hyland氏がBitwiseのETF担当責任者を務めており、以下のようにETFに対する期待感を述べた。

必ずしもSECに承認される確信はないが、2019年にはビットコインETFが実現すると我々は見ている。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B