ロシア政府、米経済制裁を受け1兆円相当の予算を仮想通貨ビットコインに投じる構想|露大学教授が明かす

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ロシア政府、米経済制裁を受け1兆円相当の予算を仮想通貨ビットコインに投じる構想|露大学教授が明かす
 

ロシア政府、米経済制裁を受け1兆円相当の予算を仮想通貨ビットコインに投じる構想|露大学教授が明かす

ロシア政府、1兆円分のビットコイン購入を検討か|経済学者が語る
アメリカ政府からの断続的な経済制裁に対抗する手段として、ロシア政府が仮想通貨ビットコインへの分散化を図っている計画がある事が、露経済学者の言及により明らかになった。50兆円の予算を有するロシアは2月から予算の一部を仮想通貨BTC購入を検討しているとのこと。

Ginko氏によると、ロシア政府は総額4700億ドル(約50兆円)の資金の一部を段階的にビットコインに換金していく構想を有しており、まずは100億ドル(約1兆円)からスタートすると語っている。法定通貨の予算を仮想通貨に変えるのが目的である。

なおロシア政府からビットコインの購入に関する正式な声明は未だ発表されていない。

米政府がロシア政府に新たな経済制裁を下す2月頃からロシアはビットコインに出資する事で国家資産(予備金)の分散化を図るだろう。

Ginko氏は露政府に経済における専門家として務めながら、ロシア政府高官達にビットコインが米政府の経済制裁に最も有力な対抗策である事を説明しようと尽力していると説明している。

ロシア国家経済行政学院の経済学者である私は全力でロシア社会の様々なステークホルダーに中央銀行の資産をビットコインに投じる必要性を強調している。

同氏は今後ロシアだけではなく、他国もビットコインに国家資産を投じて仮想通貨に分散化してくると独自の予想を語りながら、

ロシアは売られ過ぎているビットコインに投資できる素晴らしいチャンスを持っている。

とロシア政府にビットコインが参入すべきだとしている姿勢を再度強調した。

プーチン大統領は経済制裁に対して以下のように言及している。

米国は2014年からロシアに対して経済制裁を発しており、これを受けてロシア政府はプーチン政権発足当初と比較すると保有する金資産の量が3倍まで増加している事がWorld Gold Councilの発表で明らかになっている

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B