米初の仮想通貨を定義する法案を提出した国会議員「仮想通貨はSECでなく、CFTCの管轄下にあるべき」

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米初の仮想通貨を定義する法案を提出した国会議員「仮想通貨はSECでなく、CFTCの管轄下にあるべき」
 

米初の仮想通貨を定義する法案を提出した国会議員「仮想通貨はSECでなく、CFTCの管轄下にあるべき」

米議員、「仮想通貨はSECの管轄ではない」
昨年12月に仮想通貨を新たな資産クラスとして定義する法案『トークン分類法 2018』を米国会へ提出したDarren Soto議員は、米オンラインメディアの取材に対応し、仮想通貨(デジタルアセット)は、SECの管轄下に置かれるよりも、CFTCの監視下にあったほうが、最も理想的だと強調。

続けて、Soto議員はCFTCとSECの役割の違いに関して話した。

CFTCが今後どのように業界と連携していくかは未知ではあるが、業界にとっても極めて重要な動きとなり得るため、随時追っていく必要があると言える。

日本や、マルタのような仮想通貨・ブロックチェーン友好国に遅れず、投資家・消費者を米国に止まらせるように国会が動くべきとされていた昨年12月、Soto議員は、Ted Budd議員と共同でCFTCの仮想通貨市場における価格操作・規制変更・有価証券の定義などの管轄を与える法案と、米仮想通貨業界における国際的競争力を高めるための法案も提出した。

これらは立法機関ではなく、行政機関であるため、実際全般的に定義できる国会では昨年の12月に初めて正式法案として、仮想通貨を『デジタル・トークン』として定義し、有価証券の定義から分離すると明白にしている。

Chervinsky氏が言うように、仮想通貨業界は、新しい国会において、どのように立法・議論されていくか、非常に注目されると言えるだろう。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B