2月末発表予定のビットコインETFに関する最終判断結果 認可メドについて仮想通貨取引プラットフォーム社長が語る

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

2月末発表予定のビットコインETFに関する最終判断結果 認可メドについて仮想通貨取引プラットフォーム社長が語る
 

2月末発表予定のビットコインETFに関する最終判断結果 認可メドについて仮想通貨取引プラットフォーム社長が語る

eToroのCEO、ビットコインETFに慎重な意見を示すも将来性を有望視
ソーシャルトレーディングプラットフォームeToroのCEOであるYoni Assia氏が「ビットコインETFの承認には時間が必要となる」という見解を示した。また5年以内にはビットコインを法定通貨や銀行の代わりに利用する国家が出てくるとも予想している。

Assia氏は以下のように言及した。

最有力候補視されるVan Eck版ETFの最終可否判断を2月末に控え相場の目先材料にはなっているが、市場動向を冷静に分析した上での判断と見られている。

またSECコミッショナーの一人で、「クリプト・ママ」と称されるHester Peirce氏のように「実現は明日か数年先か不明なので、待たない方が良い」とビットコインETFを過度に重要視すべきではないという慎重派も少なくない。

Assia氏の発言でより興味深いのは、「近い将来、ビットコインを法定通貨や銀行システム代わりにする国が現れる」という予測だ。

この発言はあながち見当はずれというわけではなさそうだ。仮想通貨関連サービス企業のLuno社が2018年に公表した調査結果からは、「特に財政状態の不安定な国で仮想通貨の保有率が高い」ことが判明している。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B