世界初、仮想通貨XRPを海外送金に利用する銀行の重要性とは

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

世界初、仮想通貨XRPを海外送金に利用する銀行の重要性とは
 

世界初、仮想通貨XRPを海外送金に利用する銀行の重要性とは

Euro Exim銀行、リップル社の送金技術を高評価
Euro Exim Bankがリップルネットへ加入を表明し、銀行では初となるxRapidと送金時の仮想通貨XRP利用を米第一四半期に開始する発表した。同行の運営部長Graham Bright氏はリップル社の送金技術の利点として送金スピードと透明性の2点を挙げ、競合他社との違いを強調した。

現在リップル社が構築している送金ネットワーク、リップルネットには200社以上の企業が加入しているものの銀行が仮想通貨XRPを利用するのは初となっている。

Euro Exim Bankは今年の米第一四半期にXRPを活用した国際送金に踏み切る方針を発表しており、国際送金にXRPとxRapidを活用する最初の銀行であるだけでなく、他銀行への道しるべとなることが期待されている。

Euro Exim Bank運営部長のGraham Bright氏は以下のようにコメントしていた。

ブロックチェーン技術が貿易金融をどれだけ発展させるか注目されている。現在80カ国以上に存在する当社顧客の国際送金プラットフォームの形成に興味を持っており、国際送金が滞りなく実行できるか確かめながら運用を開始していきたいと考えている。

現段階では、もしアメリカの銀行が他国銀行へ送金をしたい場合、まず送金相手国にあるコルレス銀行のノストロ口座に資金を預金しておかなければいけない状況である。

リップル社はリップルのxRapidソフトウェアとXRPを活用することで、ノストロ口座を置かなくてもよい環境の整備を同社の企業ミッションとしている。

銀行がXRPを導入するメリットに関して、リップル社の戦略マネージャ、Marcus Treacher氏は以下のように述べた。

(仮想通貨)XRPを使えば、世界中に散在する口座をもつのではなく、自分の手元で資金を管理できるようになります。

例えばブラジルのレアル建てのローカル銀行口座から、ユーロに換金して送金する手続きが2分で完了できます。さらに、銀行はオフショア口座に最低限の資金を持つだけでよくなると同時に、通貨流動性リスクも軽減することができます。

以前リップル社のCTOを務めていたStefan Thomas氏はリップル社の提供する送金技術の利点として海外口座に資金を放置する必要性がなくなることを挙げていた。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B