ビットコイン昨日の下落を打ち消すシンプソン相場を形成 トレンドは転換したのか?|仮想通貨朝市況

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコイン昨日の下落を打ち消すシンプソン相場を形成 トレンドは転換したのか?|仮想通貨朝市況
 

ビットコイン昨日の下落を打ち消すシンプソン相場を形成 トレンドは転換したのか?|仮想通貨朝市況

仮想通貨朝市況
15日の仮想通貨市場は、ビットコインが15日明朝に1万6000円幅の値幅を伴う急騰を記録、bitFlyerの日本円建では40万円台まで一時復調した。結果として14日の急落分をまるごと打ち消す”シンプソン相場”の様相を呈している。

8時時点のデータは以下の通り。

15日の仮想通貨市場は、ビットコインが15日明朝に1万6000円幅の値幅を伴う急騰を記録、bitFlyerの日本円建では40万円台まで一時復調した。結果として14日の急落分をまるごと打ち消す”シンプソン相場”の様相を呈している。

当時の状況を遡ると、相場の材料となると見られるBakktの発表(下記参照)などがあったものの、いずれも急騰後の発表であり、急騰前の状況では相場を動かす大きなニュースは確認されていない。

ただ、厳しい状況ながらも方向性を探る動きは続いているため、複合的な要因を見ていく必要はありそうだ。その一つとして、今回も急騰時により高い暴騰率を記録したイーサリアムとトロンには、今後も注目すべきだと言える。

これらの通貨は直近でも高いボラティリティを示す通貨で、共にニュースやアップデートなどのファンダメンタルズ要因を伴う値動きを繰り返している。

イーサリアムは、目先材料に大型アップデートConstantinopleを控えているほか、チャート面でも4時間足移動平均線でこれまで意識されていた100EMA、150EMA、200EMAが収束するポイントが控えており、今後仮想通貨のトレンド変換を伴う上昇を見る上で重要な牽引要因となり得るだろう。

以下イーサリアム・アップデートロードマップ

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B