ビットコインクジラの再活発化を指摘 仮想通貨分析機関Filpside Cryptoが報告

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコインクジラの再活発化を指摘 仮想通貨分析機関Filpside Cryptoが報告
 

ビットコインクジラの再活発化を指摘 仮想通貨分析機関Filpside Cryptoが報告

休眠状態の『ビットコイン』が再び活動を開始
Filpside Cryptoの分析によれば、取引記録が観測されていない、いわゆる『休眠状態』のビットコイン口座がここ数か月の内に活発に活動している。ビットコイン全体の60%以上を占めるこれらの口座がビットコイン価格に更なる影響を与え可能性を指摘した。

この『休眠状態』にあるビットコイン口座は数多く存在しており、いずれも半年から2年半以上全く手がつけられていないものも多く存在する。しかし、Flipside Cryptoの調査によると、昨年の10月からそれらの口座からコインの移動が次々に観測されており、過去30日間に取引が行なわれた(アクティブになった)デジタルウォレットは、ビットコイン全体の60%以上を占めるという報告している。

FlipsideのData Science主任であるEric Stone氏は、「これは確実に大きな動きであり、価格変動を引き起こす可能性が十分にある」と語っている。

驚くべきことに、ビットコイン全体の85%はたった1000口座によってシェアを占められている。その多くはビットコインが発行された初期段階に購入されたもの、いずれも過去2年間、価格高騰が続いてたこともあり、口座が『休眠状態』になっている。

FlipsideのCEOであるDavid Balter氏もこれらの口座が再び動き出していることは間違いないと強調した。

別機関のDelphi社も、UTXOという独自の手法でビットコインの『休眠』期間を分析しており、いずれも休眠期間を表す値が限界点を迎えていると説明しているなど、今後大口の動きが活性化するとの指摘は、多方面から指摘されている。

大口の仮想通貨送金が確認された場合、その通貨が売却される懸念が生まれることで、売り圧力の見方が強まるが、これまでの大口の送金情報を解析したChainalysisは、むしろ市場を安定化させているとする報告書を発表している。

(大口が地合いの悪い7月にも活発な購入を行なった事を示すデータ)

また実際に大口が売る場合も市場に直接的な影響がでないOTC取引を利用していると掲載した。実際にOTC取引は大口投資家においても大きなメリットがあり、基本的にまだ出来高が低い仮想通貨市場の板状況を考えると、大口売却

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B