仮想通貨にとって苦しかった2018年 統計データ4種からビットコイン相場を振り返る

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨にとって苦しかった2018年 統計データ4種からビットコイン相場を振り返る
 

仮想通貨にとって苦しかった2018年 統計データ4種からビットコイン相場を振り返る

仮想通貨市場はビットコインUSD建の取引ペアが1位健在
仮想通貨データプラットフォームのdiarが2018年の仮想通貨を総括するレポートを公表した。ビットコインマイニングの最新状況や取引所の出来高、ステーブルコインなど、昨年の話題やトレンドのデータをまとめて掲載。

まずは2018年のビットコインマイニングにおけるマイニングプールの比率を紹介。ビットコイン相場は2018年初頭は盛大な熱狂ぶりを見せ、1月のマイニングによる総収入は58億ドル(約6300億円)を超えていたものの、12月時点では僅か2.1億ドル(約228億円)にまで低下している。

しかしマイニングプールの比率を全体で見ると、徐々にBTC.comのような大手プールから以前は少数派を占めていた匿名マイナーに流れが傾いている事が伺える。

Unknownマイナーを示すチャート上部の赤色部分を見ると1月時点では10%に満たなかった割合が徐々に増加し、年末には20%を占めるところまで来ている。

対照的に大手マイニングプールの一つであるBTC.comとAntpoolは年初にはビットコインマイニングの40%を寡占しつつある状況だったが、現在は30%までマイニングシェアの占有率が低下している。

さらにdiarは2018年の仮想通貨取引所におけるデータも比較した。興味深いのは仮想通貨取引所における総取引量の大部分がBTCUSDの取引ペアである点だ。

大手仮想通貨取引所のコインベースとバイナンスにおけるビットコインと米ドル建の取引ペアは約50%近くを占めた。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B