カストディアンBitGoと相対取引(OTC)ジェネシスが提携、機関向け取引を提供

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

カストディアンBitGoと相対取引(OTC)ジェネシスが提携、機関向け取引を提供

カストディアンBitGoと相対取引(OTC)ジェネシスが提携、機関向け取引を提供

16日、仮想通貨カストディアンBitGoと相対取引(OTC)事業者ジェネシス・グローバル・トレーディング(Genesis Trading)は、機関投資家の暗号スペースへの参加を促進するために設計されたサービスを発表しました。

提携により、BitGoカストディを利用する顧客は、取引所に移動することなく、ジェネシスのOTCを介して仮想通貨を取引できるようになります。2社の協力により、顧客が伝統的な金融市場で慣れ親しんだスピードと安全性が提供されます。

ユーザーは、コールドウォレットまたはオフラインから移動する必要なしに、仮想通貨を取引できます。このプロセスはブロックチェーンを介さず、BitGoの帳簿上で決済されます。Genesis Trading社CEOのマイケル・モロ(Michael Moro)氏は以下のように述べています;

「ジェネシスはBitGoのウォレットを持つので、コインは実際にはBitGoシステムから出ることはありません。ホットウォレットやパブリックブロックチェーンに晒されることなく、クライアント→Bitgo→Genesisへ移動するだけです。」

たとえば、顧客がBitGoのコールドストレージに100 BTCを保持する場合、ジェネシスの見積もりを受けて、即座に売却できます。顧客が取引に同意すると、BitGoは100 BTCをロックアップします。ジェネシスからBitGoに米ドルの銀行送金が確認されると、100 BTCは帳簿上で受け渡されます。

BitGo×ジェネシスのソリューションは、仮想通貨の相対取引(OTC)に付随するカウンターパーティリスクを解決します。ほとんどの大規模トレーダーはOTC市場でより大きな取引を実行することを選択します。OTCの流動性が公開された取引所よりも深く、また一般の取引所はハッキングの影響を受けるリスクが高いからです。しかしOTC取引では、数百万ドルものビットコインを送る事になります。BitGo社CEOのマイク・ベルシー(Mike Belshe)氏に言わせれば、これは「クレイジー」です。

「他の資産クラスでこれを行う者はいません。これほどの資金を送金したがる人はいません。」

単純なカストディアンから清算と決済事業へと拡大することで、BitGoは仮想通貨のオプションを示すことができる、とベルシー氏は付け加えています。

「私達は実際にリアルタイム決済ができます。ドルとデジタルトークンを取引できる。顧客は、カウンターパーティリスクゼロでスワップが可能です。」

リリースによるとジェネシスとBitGoの新たなサービスは、ビットコイン(BTC)、ビットコイン・キャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)、イーサリアム・クラシック(ETC)、ライトコイン(LTC)、リップル(XRP)、ジーキャッシュ(ZEC)を対象とします。

BitGo Trust Companyは、デジタル資産向けに設計された最初の資格のあるカストディアンです。世界最大のオンチェーン・ビットコイン取引処理業者でもあり、全世界のビットコイン取引の15%を処理し、全体の仮想通貨で月に150億ドル相当の取引を処理しています。同社は100以上のコインとトークンをサポートしており、そのウォレットには20億ドル以上の資産を預かっています。

Genesis Global Tradingは、米国FINRA(金融業規制機構)、SEC(証券取引委員会)、NYDFS(ニューヨーク州金融サービス局)登録済みのブローカーディーラーです。2013年以降、数十億ドルの取引を実現しました。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B