英メガバンクHSBC、ブロックチェーン技術で2018年に約27兆円のFX取引を決済

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

英メガバンクHSBC、ブロックチェーン技術で2018年に約27兆円のFX取引を決済

英メガバンクHSBC、ブロックチェーン技術で2018年に約27兆円のFX取引を決済

英国を本拠とする世界最大級のメガバンクHSBCは、2018年にブロックチェーンを使用して1941億1500万ポンド(27兆802億円)相当の外国為替取引を決済した事を公表しました。

同銀行はプレスリリースで、300万件の外国為替(FX)取引を決済し、HSBC FX Everywhereプラットフォームを使用してさらに15万件の支払いを行ったと発表した。同社は昨年「HSBCの内部バランスシート全体で支払いを調整するために」このプラットフォームを使用してきたと語った。

リリースによるとHSBCは、昨年2月からブロックチェーンを使用したプラットフォーム「FX Everywhere」で、300万件以上の外国為替(FX)取引を決済し、15万件以上のペイメントを処理した、と述べています。同社は「HSBCの内部バランスシート全体で支払いを調整するために」このプラットフォームを使用してきたという。

HSBCは、ブロックチェーンで決済額は「小さい」割合とだけ述べて、伝統的なプロセスで決済された外国為替取引に関するデータは公表しませんでした。

それでもこの数字は、主流の金融によるブロックチェーンの採用について重要なマイルストーンを示しています。ブロックチェーンは、トランザクションを数分で処理および決済できる共有データベースです。もともと仮想通貨のビットコインを裏付ける技術として着目されたブロックチェーン技術は、第三者によるチェックを必要とせず、不可変で、データを非常にセキュアにします。

銀行やその他の金融機関は、支払いから決済までのプロセスを簡略化し、コスト削減を期待して、ブロックチェーン技術に投資し始めています。

これまで、大規模プロジェクトでテストからブロックチェーンの実装に移行した銀行はわずかです。多くは、高コスト、規制に対する不確実性、および既存のシステムが中断されるリスクが懸念されています。

HSBCによると、同社のブロックチェーン技術は手動プロセスを自動化し、外部技術への依存を軽減できたと述べています;

「ブロックチェーンはまた、ミスや遅延のリスクを減らし、コストを削減し、銀行がバランスシートをより最適化するのを助けました。」

HSBCの外国為替と商品の責任者Richard Bibbey氏はロイターに対し、「この技術が多国籍企業の顧客の外国為替の流れをより良く管理するのに役立つか模索していく」、と述べました。

HSBCの発表を踏まえて、専門家はより多くの銀行がブロックチェーンベースのプラットフォームでサービスを提供し始めると期待しています。

特にAPAC(アジア太平洋)の地域は、多くの規制当局はブロックチェーンに関してポジティブな意見を持っています。昨年、マレーシアで第2位の銀行CIMBや、サウジアラビアで最大規模のナショナル・コマーシャル・バンク(NCB)は、クロスボーダー決済分野でブロックチェーンを開始するために、RippleNetに参加しました。

昨年10月、インドを拠点とするAxis Bank、シンガポールを拠点とするStandard Chartered、そしてUAEを基盤とするRAKBANKの3つの主要銀行が、RippleNetを使用した「迅速で摩擦のないクロスボーダー決済の送金」を開始すると発表しました。

さらにアラブ首長国連邦(UAE)の銀行RAKBANKは10月に、国境を越えた支払いを強化するため、米Ripple社とのパートナーシップを活用して、スリランカのCargills Bankと新たに契約を締結しました。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B