「ロシア政府はビットコイン購入を計画していない」連邦議会下院の議長が公式声明|露首相や下院議員も仮想通貨や資金管理について言及

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

「ロシア政府はビットコイン購入を計画していない」連邦議会下院の議長が公式声明|露首相や下院議員も仮想通貨や資金管理について言及
 

「ロシア政府はビットコイン購入を計画していない」連邦議会下院の議長が公式声明|露首相や下院議員も仮想通貨や資金管理について言及

ロシア政府、ビットコイン購入に関する発言を否定
ロシア連邦議会下院の議長であるElina Sidorenko議員が、最近話題となっていたロシア政府のビットコインへ参入する構想に関する憶測を否定したことが判明した。また同国首相のメドベージェフ氏も仮想通貨に関してコメントを残している。

Sidorenko議員は、ロシア政府がそのような技術を導入することに関心があるかもしれないが、短中期的には、そのような大体的導入の可能性は無いとの見方を示した。

以下が同議員はコメントを残した。

今週ロシア首都のモスクワで開催されたGaidar経済フォーラムでロシアのメドベージェフ首相が昨年長期的な弱気相場で多くのアルトコイン価格が90%以上下落した仮想通貨についてコメントし、下落相場は仮想通貨を無視する理由としては足りない事を強調した。

ロシア首相と同様に、仮想通貨を慎重に見守っていくべきだとロシア最大級の商業銀行、ロシア連邦貯蓄銀行(Sberbank)のCEOであるHerman Gref氏はコメントした。

その後、Gref氏は仮想通貨に関する規制について以下の様に述べた。

規制を急ぐ必要はない。

まだ完全に見て、理解できないものを必ずしも規制しなくてはならないと思わない。

このように、ロシア政府はGinko氏が語っていた2019年第一四半期中に1兆円の資金をビットコインに投じる事は否定したものの、長期的には仮想通貨を慎重に見守っていく方針を明らかにしている。

ロシアの大学RANEPA(Russian Presidential Academy of National Economy and Public Administration)で教授を務めるVladislav Ginko氏は9日、ロシア政府が米政府からの経済制裁を理由に100億ドル(約1兆円)の国家資金をビットコインに換金する構想がある事を明かしていた。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B