ビットコインはペナントブレイク間近か、1年前に起きた約70万円幅の「記録的大暴落」からボラが98%減少|仮想通貨市況

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコインはペナントブレイク間近か、1年前に起きた約70万円幅の「記録的大暴落」からボラが98%減少|仮想通貨市況
 

ビットコインはペナントブレイク間近か、1年前に起きた約70万円幅の「記録的大暴落」からボラが98%減少|仮想通貨市況

1年前に起きた約70万円幅の「記録的大暴落」からボラが98%減少

●ビットコイン価格ペナント終盤でブレイク時の挙動に要注意

●イーサリアムクラシック全返還、51%攻撃の顛末は

●1年前から価格変動率が98%も減少 昨年1月16日は一時約70万円の大暴落を記録

仮想通貨関連銘柄では、SBIホールディングス(8473)が3.69%高、リミックス(3825)が4.49%高、ULSグループ(3798)が3.32%高となった。

一方で、メタップス(6172)は、6.48%安と続落。

2018年10月には、韓国・ソウル市長が、今後5年間で”ブロックチェーンの中心都市”を目指すとし、世界的なブロックチェーンのハブとなるための計画を発表。ブロックチェーン技術を行政に取り込む意向も示すなど、韓国でのブロックチェーン関連事業は業界全体として大きく動き出そうとしているという。

ビットコインの値動きは収束しつつあり、明日のペナント終盤で上・下どちらかに抜けた場合、荒い見せる可能性があるため、ペナントブレイク時の挙動は要警戒。初心者にも見やすいようJPY基準の国内大手取引所「bitFlyer」でトレンドラインを引いているが、ヒゲの位置などが異なる、海外取引所「BitMEX」や「Bitfinex」でもラインを引いて確認しておきたい。

4時間足で見ると、前日から引き続き、フィボナッチ・リトレースメントの38.2%にあたる約40万円、23.6%ラインにあたる約38万円も意識されやすいポイントと言える。中長期シナリオでも下落圧力が強く、一時的に上抜けたとしてもトレンド転換は難しいだろう。

また、昨年1月から1年にも及ぶ弱気相場は、依然厳しい状況を続けているが、一年前と比較すると価格ボラティリティ(変動率)は極めて低い水準にあることがわかった。

CoinDeskが伝えたところによると、本日からちょうど一年前にあたる2018年1月16日は、1日のボラティリティが3468ドルあり、本日の61ドルから98%もの差があるという。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B