米国最長の政府シャットダウン、Bakktのビットコイン先物やETFの審査に影響は|米弁護士が解説

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米国最長の政府シャットダウン、Bakktのビットコイン先物やETFの審査に影響は|米弁護士が解説
 

米国最長の政府シャットダウン、Bakktのビットコイン先物やETFの審査に影響は|米弁護士が解説

米シャットダウン、ETFやBakktへの影響とは
米歴史上で最長の政府シャットダウンが原因で、CFTCとSECは大きな機能弊害を受けている中、注目されているBakktの先物とVanEck版ETFに関する影響を、米弁護士が解説する。

今回のシャットダウンによる予算不足が原因で、CFTC(商品先物取引委員会)とSEC(証券取引会)は人員不足となり、現在CFTCの審査を待っているBakktのビットコイン先物申請や、SECの最終決定を控えているVanEck版ビットコインETFの期限の懸念点に対し、仮想通貨界隈で信頼されている、米政府に詳しい弁護士Jake Chervinsky氏は公式ツイッターアカウントで説明を行なった。

また、昨日SECが発表した行政訴訟中止通告はETFの審査プロセスには影響はない。

つまり、仮に2月27日以上に閉鎖が続いていても、VanEck版のビットコインETFは自動承認となることはないと弁護士は見ている。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B