米ワイオミング州、デジタル・アセットの法的定義を明確にする法案を提出|仮想通貨が「お金」と同様に扱われるなど

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米ワイオミング州、デジタル・アセットの法的定義を明確にする法案を提出|仮想通貨が「お金」と同様に扱われるなど
 

米ワイオミング州、デジタル・アセットの法的定義を明確にする法案を提出|仮想通貨が「お金」と同様に扱われるなど

米ワイオミング州:デジタル・アセットを3つに分類
米ワイオミング州が日本時間で19日に新たに提出した法案にて、デジタル・アセットが3つに分類され、法的定義が明確となる。なお銀行を「SEC承認のカストディアン」として成立する監督体制に認める。

この法案によると、【デジタル・アセット】は3つに定義・分類される。

特に3により、州内で仮想通貨が「お金(マネー)」と同様に扱われることで、注目を集めている。

また、この法案では、同州が銀行を、「米SEC承認のカストディアン」として成立するカストディ・監督体制として認めるという記述もある。銀行は仮想通貨の預金を扱うのではなく、カストディアを提供する立場として位置づけられる。

米有力誌Forbesは、この法案が信託企業ではなく、銀行をカストディの監督体制としてみなすことは、米SECにとっても都合のいい提案だろうとコメントし、「信託企業よりも銀行の方が倒産に関する法律規定がしっかりしているからだ」と説明した。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B