2019年仮想通貨・ビットコインの展望|バイナンスのCZ氏や米名門大教授など専門家が見解を語る

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

2019年仮想通貨・ビットコインの展望|バイナンスのCZ氏や米名門大教授など専門家が見解を語る
 

2019年仮想通貨・ビットコインの展望|バイナンスのCZ氏や米名門大教授など専門家が見解を語る

2019年のビットコイン業界の動向とは:各専門家の見解
低迷期が続いている仮想通貨だが、2019年の仮想通貨業界において様々な予想が飛び交っており、強気予想から懐疑的な意見まで数多く存在する。そこで2019年業界の動向がどうなっていくのか、複数の専門家のコメントをこの記事でまとめている。

カリフォルニア大学のScott Galloway教授によると、2019年の仮想市場は決して明るくないようだ。Galloway教授は仮想市場、VR(Virtual Reality)産業、AR(Augment Reality)/AI(Artificial Intelligence) 産業のような急速に成長を遂げているマーケットには必ずサイクルが存在すると指摘。

2018年以降、下落トレンドを続けている仮想通貨市場は下落トレンドのサイクルから脱出はしておらず、2018年の低迷から2019年は更に悪化することになるだろうと述べた。

実際にGalloway教授の見解は決して珍しいものではなく、リップルやステラの共同創業者として知られるJed McCaleb氏もYahoo Financeのインタビューで『90%以上の仮想通貨はゴミ』と辛辣な発言をするほど仮想通貨市場に明るい将来がない見解を示している。

米大手仮想通貨関連企業Digital Currency Group(DCG)投資部門のトップを務めるTravis Scher氏は、2019年の仮想市場はウォール街やその他の投資産業の参入によって市場はより活性化する、と述べている。

また同氏はビットコインETF承認や、NasdaqのCrypto2.0の未来など、ウォール街が参入しやすくなるプラットフォームが実現すれば『仮想通貨市場の流れは一変することになる』とも述べている。

クラウドストレージ『SIA』の共同創業者兼CEOでもあるDavid Vorick氏によれば、2019年は仮想通貨そのものが困難を迎えることになる、と述べている。
その理由は先日にEthereum Classicでも被害を被った『51%攻撃』としている。
同氏によれば、ほとんどの仮想通貨にはIncentive Compatible(誘因両立性)が欠けており、それが51%攻撃を受ける根本的な弱点になると述べている。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B