サウジアラビアとUAE、統一仮想通貨開発へ|XRP(リップル)やイーサリアムがデザインモデルとの見方も

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

サウジアラビアとUAE、統一仮想通貨開発へ|XRP(リップル)やイーサリアムがデザインモデルとの見方も
 

サウジアラビアとUAE、統一仮想通貨開発へ|XRP(リップル)やイーサリアムがデザインモデルとの見方も

サウジ、UAEが共同で仮想通貨の開発を計画中であることが明らかに
アブダビで初めて開催されたThe Executive Committee of the Saudi-Emirati Coordination の会議において、サウジアラビアのMohammed bin Mazyad Altwaijri経済計画大臣およびアラブ首長国連邦のMohammad bin Abdullah Al Gergawi内閣・未来大臣が「7つの戦略的イニシアチブ」の立ち上げを発表。戦略的イニシアチブには「仮想通貨の共同開発」も含まれていることがわかった。

この戦略的イニシアチブは、特にサービス、金融市場、観光、航空、アントレプレナーシップ、税関、安全保障の分野における二国間の統合を反映するもので、「仮想通貨の共同開発」も含まれている。

また今回の発表は、これまで続いた中央銀行発行デジタル通貨(CBDC:Central Bank Digital Currency)とは違い、他国間で利用される通貨の発行であり、これまでデジタル通貨と書かれていたCBDCに対し、今回は「Crypto Currency(仮想通貨)」と記載されていることも注目点に挙がる。

仮想通貨の共同開発を通してブロックチェーン技術への理解を深め、クロスボーダー決済の向上を図ることが目的だ。

世界最強の経済的同盟の一つであるサウジアラビアとUAEの中央銀行が開発する仮想通貨とあって、市場の関心は非常に高い。

しかしサウジアラビアは近年、「石油に依存しない国造り」を経済戦略に打ち出す一方で、資金調達源としてあてにしていた国営石油会社サウジアラムコの上場が中止になるなど、苦戦を強いられている。

利点として挙げられているのは、問題が生じた際に効率的に資産を凍結あるいは取引をリバースできると同時に、将来的に軽量型ウォレットを活用して利用範囲を一般大衆に拡大すれば、世界中の資産を簡単かつスピーディーに移転させることが可能になる点で、これまでサウジアラビアが、Ripple社や IBM、ConsenSysなどと提携を行ってきた背景を考慮すると、デザインモデルとしてRippleやHyperledger、Ethereumを検討しているのではないかと海外メディアを中心に推測されている。

サウジアラビア国立銀行は、Ripple技術を国内の銀行サービスに導入した世界初の中央銀行であるほか、直近ではIBMとMaerskが共同開発した物流プロセス管理ブロックチェーン・プラットフォーム「TradeLens」を同国の政府が試験導入するなど、ブロックチェーンを活用したイノベーションに非常に前向きな姿勢を取ってきた。

なお、リップル社とサウジアラビア、UAEとの繋がりは強く、サウジアラビア国内で512支店、世界で330万以上の顧客を抱える、中東で最大の金融機関の一つであるサウジアラビアのナショナルコマーシャル銀行(NCB)もRipple Netへの参加を表明している。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B