ダークネットへのビットコイン流入量が1年で約2倍に|仮想通貨分析企業が調査報告書を公開

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ダークネットへのビットコイン流入量が1年で約2倍に|仮想通貨分析企業が調査報告書を公開
 

ダークネットへのビットコイン流入量が1年で約2倍に|仮想通貨分析企業が調査報告書を公開

ダークネット市場におけるビットコイン取引量が約2倍増加
ビットコイン価格が200万円台から40万円台まで下がった2018年だが、ダークネット市場へのビットコインの送金量は2017年に比べ2018年は2倍の取引量を記録していたことがChainalysis社の調査で判明した。

下記の図は、ビットコインの価格とダークネットに送金されたBTC価格をインデックス化したチャートである。2月1日からデータの記録が開始されており、ビットコインが下落を続けた中でもダークネットへの取引高は2倍近く伸びているなど、2つの指標における「負の相関」関係が見られている。

2017年のビットコイン最高価格が220万円から40万円以下に大きく下落した2018年のことを踏まえると、ビットコイン価格がダークネット市場での取引量と比例してない事が明らかである。

またダークネット上での取引高をドル換算した下記の図をみると、ビットコインの取引高は、2017年の7億700万ドル(約770億円)に対して2018年は6億300万ドル(約660億円)と減少したことが伺える。

無論、ビットコインの価格下落は一つの要因として挙げられるが、Chianalysis社の首席経済学者であるKim Grauer氏はロイター社に対して、「主要なダークネットサイトであるAlphabayやHansaなどが政府によって閉鎖されたことが主な原因である」と見解を述べ、価格減少や、ダークネットサイトの摘出がある中でも、BTC流入量が増加している理由として以下のように言及している。

ダークネット市場で何かを購入したい人々にとって、ビットコイン価格が変動する事実は関係ない。

さらにAlphabayなど、主要なダークネットのサイトが摘出されても、単純に新たなプラットフォームへ利用者が移行するだけのいわゆる「いたちごっこ」状態が続いている事もビットコイン流入量の増加要因として報告書は指摘した。

シルクロードの創業者逮捕なども報道されてきた中でも、仮想通貨やビットコインがダークネットで未だに利用されている状況は続いていることがわかった今回の論文。当初の仮想通貨がダークウェブでの利用が盛んであった点や、2013年に社会で浸透していたビットコインとシルクロードに関する見方から仮想通貨の人気度が大きく変わっている事実もあることで切っては切れない関係であることは間違いない。

しかし、2018年はこのような裏の利用方法を払拭する動きが加速、ある意味で実需低下が懸念されて相場下落につながったが、世界各国でも広がり始めている仮想通貨関連の規制整備の着実な発展や、仮想通貨・ブロックチェーンプロジェクトの段階的な普及により、ビットコインに留まらず、仮想通貨全体の実用化は、表の側面でも確実に進んできている。

先週ではアメリカのワイオミング州で仮想通貨を「お金」と同様に扱う法案が提出されたほか、米国会でも仮想通貨に関する法案、「許認可および登録の免除を認める安全港法案」や「トークン分類法 2018」が提出されている。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B