仮想通貨ビットコインの論文、日本語を含めた翻訳版がBitcoin.orgで公開

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨ビットコインの論文、日本語を含めた翻訳版がBitcoin.orgで公開
 

仮想通貨ビットコインの論文、日本語を含めた翻訳版がBitcoin.orgで公開

Bitcoin.orgが日本語版を含めた12ヶ国語の翻訳版を公開
ビットコインプロトコルやリファレンス実装であるビットコインコア(BTC)を作ったとされるSatoshi Nakamotoがドメインを取得したサイト「Bitcoin.org」が、ビットコインのホワイトペーパー「ビットコイン: P2P 電子通貨システム」の日本語版を含めた12ヶ国語(計19ヶ国語に)の翻訳版を新たに公開した。

今回日本語版が掲載された「Bitcoin.org」は、Satoshi Nakamotoがドメインを取得したサイトで、すでにドメイン等の権利移管済みではあるものの(公式サイトではないとの表記もある)、BTC初期にソフトを頒布する目的のもと作られたサイト、また独立したオープンソースプロジェクトでもある点から、ビットコイン開発におけるもっとも公式に近いサイトとして認知されている。

これまで、ロジャーバー氏も日本語に翻訳するのをサポートしていたことを明かしているほか、日本の大手取引所「CoinCheck」などでも翻訳版が公開されており、日本語ではこれまでも閲覧することは可能であったが、Bitcoin.orgでもビットコインのホワイトペーパー公開10周年を迎える記念すべき時期でもついに公開された。

日本語の翻訳を行なったのは、Bitcoin.orgで主翻訳者として活躍しているというhakka氏(@hakkame7)で、翻訳版公開のタイミングで行なったツイートでは「今後各国にとって更にビットコインがなじみ深いものになればと思う。」とのコメントを残している。

ビットコインホワイトペーパーは、2008年10月31日に、Satoshi Nakamotoと名乗る人物によって公開されたビットコイン(BTC)の仕組みが書かれた論文だ。昨年末に公開から10周年を迎えたことでも話題となった。

最近のICOを含め、技術的な内容からトークンの仕組み、クラウドセールの情報など、ホワイトペーパーが100ページ近くなるプロジェクトが多く存在するが、ビットコインはたった9ページ(英語版)の短い論文で、端的に重要点がまとめられている。

例えば、現代における「ネット商取引」では、ユーザーが信頼している銀行やクレジット企業など、第三者機関を信頼した上で頼った取引を行なっているが、この論文ではこの「信頼に基づくモデルであるが故の弱点」があることを指摘。これまでのシステムでの手数料や取引コストの引き上げの状況で、小額取引の機会損失につながっている点や、顧客情報の集権性などを懸念、ビットコインがそのソリューションとしてなり得る取引が行うことができると説明している。

Bitcoin.orgのビットコインホワイトペーパーはこちらのURLから見ることができる。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B