株式会社Crypto GarageがSETTLENETを活用し、円建てトークンの発行および暗号資産との同時決済サービスの実証実験を開始

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

株式会社Crypto GarageがSETTLENETを活用し、円建てトークンの発行および暗号資産との同時決済サービスの実証実験を開始

株式会社Crypto GarageがSETTLENETを活用し、円建てトークンの発行および暗号資産との同時決済サービスの実証実験を開始

株式会社デジタルガレージの子会社で、フィンテック分野におけるブロックチェーン金融サービス事業を展開する株式会社CryptoGarageは、ブロックチェーン関連技術の開発を手がけるBlockstream社が立ち上げた「LiquidNetwork」参加者に向けたアプレケーション開発の促進を目的としたプロダクト「SETTLENET(セトルネット)」を活用した実証実験を開始したことを発表しました。

株式会社CryptoGarageは18日、日本政府の「新技術実証制度(規制のサンドボックス制度)」を金融分野としては第一号となる認定を受けています。

今回の実証実験では、賛同する仮想通貨交換業者数社がSETTLENETを活用し、Blockstream社が提供するサイドチェーン決済ネットワークであるLiquid Network上に、ビットコインに裏付けされたトークン(L-BTC)と交換可能な円建てトークン(JPY-Token)を発行できるサービスを提供する。

さらに、アトミックスワップ技術を用いることでLiquid Network上のL-BTCとJPY-Tokenをリアルタイムで同時決済可能となる。
これによってカウンターパーティーリスクを排除しつつ迅速で安全かつ秘匿性の高い暗号資産取引を実現します。

また、SETTLENETではマネーロンダリングに代表される不正取引の捕捉等、規制当局が取引内容を必要に応じて検証できる仕組みも提供するそうです。

現在の仮想通貨市場の課題として、流動性・価格面での不安定さや、取引の迅速性、セキュリティ上のリスク等が挙げられ、市場の健全な発展を阻害する要因となっており、今回の取り組みのように、暗号資産と法定通貨建てトークンの同時決済が可能となれば本問題点は改善され、今後の発展に貢献できると期待されています。

今回の実証実験の期間は1年間で、参加事業者は国内登録済み仮想通貨交換業者数社に限定し、取引限度額も設定します。また、実証期間中は、参加事業者へSETTLENETを無償提供するとのことです。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B