韓国の大手仮想通貨取引所「ビッサム」親会社、米株式市場上場を目指す:上場企業と「逆さ合併」

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

韓国の大手仮想通貨取引所「ビッサム」親会社、米株式市場上場を目指す:上場企業と「逆さ合併」
 

韓国の大手仮想通貨取引所「ビッサム」親会社、米株式市場上場を目指す:上場企業と「逆さ合併」

「Bithumb」親会社が米株式市場に上場へ
リバースマージャー(逆さ合併)は米国ではIPOに並ぶメジャーな財務戦略で、仮想通貨取引業を営む初の上場企業を目指す。米NY証券取引所やNASDAQ上場への布石になるか注目される。

BTHMBは、LOIの締結にあたり、100万ドル(約1.1億円)をエスクロー口座に振り込むことに同意。3月1日以前の合併完了を目途に、「ブロックチェーン・エクスチェンジ・アライアンス(BXA)」へ社名変更手続きを進めている。合併完了後は、米株式市場への上場を目指すとされており、米NY証券取引所やNASDAQ上場への布石になるか注目される。

リバースマージャー(逆さ合併)は、米国では新規株式公開(IPO)に並ぶメジャーな財務戦略とされており、通常の「合併」が事業規模の大きな企業が小さな企業を吸収するのに対し、「逆さ合併」では、事業規模の小さな企業を存続させる。従来のIPOの長く複雑なプロセスを回避する目的で、民間企業が用いる手段だ。

BTHMBは、合併の意図を「北米における事業およびマーケティングの拡大」としているが、「逆さ合併」が行われたことから、真意は「米国における上場プロセスの簡潔化とスピードアップ」にあるものと推測される。

BTHMBが合併先に選んだBlockchain Industriesは、多様な資産ポートフォリオをもつ多角的フィンテック持株会社だ。

CEOのPatrick Moynihan氏は、今回の提携により「流動性」「アクセシビリティ」「拡大」がブロックチェーン分野にもたらされる可能性への期待感を述べた。

BTHMB/BXAと合併することで、我々は焦点を統合し、より高度なテクノロジーと優れたコンプライアンス慣行を公開市場に持ち込めるだろう。

米著名投資家Mike Novogratz氏は2018年、同様の手段で自身の仮想通貨商業用銀行をカナダの株式市場に上場させた。同氏は手始めにCoin Capitalというクリプト・スタートアップを買収し、カナダのTSXベンチャー取引所に上場していたBradmer Pharmaceuticalsと「逆さ合併」を行った。その後社名を変更し、Galaxy Digital Holdingsとして取引を行っている。

しかしGalaxy Digital Holdingsは、2018年第1四半期の仮想通貨暴落を受け、1億3400万ドル(約150億円)もの損失を出し、GLXYとして上場を果たした8月以来、株価は約36%下落している。

BAXは同じような「苦戦」を回避する手段として、世界中の取引所を買収・統合する計画を立てるなど、ビットコインに特化しないより広範な戦略をもっているようだ。既に「国際仮想通貨同盟」の設立に動きだしているほか、年内に9回、2020年末までに最大40回の取引を行う予定だ。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B