仮想通貨EOSのメインネット「EOSIO」に260以上のdAppsが存在|選ばれる4つの要素とは

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨EOSのメインネット「EOSIO」に260以上のdAppsが存在|選ばれる4つの要素とは
 

仮想通貨EOSのメインネット「EOSIO」に260以上のdAppsが存在|選ばれる4つの要素とは

Block.one社は開発者や企業がEOSブロックチェーンを好む理由を4つ挙げた。
昨年の6月にメインネットに移行した仮想通貨EOSのブロックチェーンではすでに260以上のdAppsが開発されていることが公式ブログによって明らかになった。多くの企業や開発者がEOSを選ぶ理由として、スピード・コスト・持続性・スケーラビリティとの4点があげられている。

なぜこのように多くのdAppsがこのブロックチェーン上で構築されているのか、そしてなぜ他のブロックチェーンで作られたdAppsはEOSIOに移行されているのかについて、仮想通貨EOSおよびブロックチェーンEOSIOの開発企業block.oneは公式ブログ
にて、「開発者と企業がEOSIOのブロックチェーンに興味を示す4つの理由」をあげている。

公式ブログによると、そこには4つの主な要素がある=スピード・コスト・持続性・スケーラビリティ。スマートコントラクト提供プラットフォームであるBuddy社のCEOを務めるSimon Szczepankowski氏はEOSIOの処理能力の速さやコストと確認時間の最小限化の実現を評価した上で、EOSIOを次世代のブロックチェーンと称した模様だ。

ブロックチェーンシステムは拡張性が十分でないと、一秒に数千ものトランザクション処理が必要なビジネスニーズに対応することが難しいとされている。

EOSIOは一秒に4000以上の処理が可能であり、競合のブロックチェーンに200倍もの差をつけている。プライベートネットワークであれば、最新のソフトウェアにアップデートすれば、さらにスピードを上げることが可能だという。

この性能に関して、ゲームネットワーク会社Azarusの創設者Alex Casassovici氏は、「EOSIOにより、ユーザーはブロックチェーンを使ってお互いにやり取りしているとは感じずに遊ぶことができている」と述べている。

ブロックチェーンネットワークでは送金手数料がかからないため、EOSIOのアプリケーションはただで利用できる。これによりユーザーは初代のブロックチェーンで支払っていた手数料を払わなくて済むようになる。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B