米ワシントン州、ブロックチェーンを法的証拠として認める法案を提出

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米ワシントン州、ブロックチェーンを法的証拠として認める法案を提出
 

米ワシントン州、ブロックチェーンを法的証拠として認める法案を提出

ワシントン州、ブロックチェーンの発展を推進
米国ワシントン州の上院は25日、ブロックチェーン上で生成された「署名」と「ライセンス」を法的に認可する法案を議会へ提出した。また、同法案はブロックチェーン及びDLTの法的定義も明文化する。

分散型台帳技術(DLT)の法的有効性を認可する関連法案
』というこの法案は、現行の『ワショントン州電子認証法』の改正案となるという。

まず、現行の承認法では、信頼できる電子メッセージによる商業を促進するために、電子署名が法的にも認め、自主的にデジタル署名の認証にライセンスが設けられる仕組みを提供するように仕向けられている。

今回の改正案では、「DLTの開発を推進する」項目を加えることとなる。

なお、この法案はこれから委員会で分析、審議される予定となっている。

例えば、ワイオミング州は19日に新たに提出した法案で、デジタル・アセットを3つに分類し、法的定義を明確にするなどがあげられる。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B