米著名投資ファンド、新たな200億円超の信用ファンドで資金調達開始|低迷する仮想通貨市場に前向きな動き

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米著名投資ファンド、新たな200億円超の信用ファンドで資金調達開始|低迷する仮想通貨市場に前向きな動き
 

米著名投資ファンド、新たな200億円超の信用ファンドで資金調達開始|低迷する仮想通貨市場に前向きな動き

Galaxy DigitalのCEOが新たなファンドを調達へ
米有力経済誌ビジネスインサイダーの報道によると、著名仮想通貨投資企業Galaxy Digitalの創設者兼CEOのマイケル・ノボグラッツ氏は仮想通貨・ブロックチェーン企業向けの信用ファンドを立ち上げ、2億5000万ドル(約273億円)以上を調達しようとしていることが判明した。同氏は、低迷する相場をよそに、改めて強気を示している格好だ。

同報道によれば、Galaxy社は、昨年から自社から資金を貸し出しており、市場の低迷を伴い、資金を借りようとする仮想通貨界隈の企業が増えている。

ノボグラッツ氏は、仮想通貨バブルが起きる以前から、ビットコインの有識者として強気な相場観を持ち続けていることで知られるが、2018年から継続している弱気市場を受け、同社が1億3000万ドル(約147億円)以上の含み損を抱えていることが以前も報じられた。

一方では昨年11月、ノボグラッツ氏はFinancialTimeの取材に応じて、今の弱気相場を受けている仮想通貨ビジネスを経営・維持するには非常に困難であり、2017年の好景気とは全く違う光景となっているだろうと言及したことがある。そのため今回の信用ファンドの立ち上げは、ノボグラッツ氏が業界の将来を見据えた動きとして期待されている。

また、今年の第1四半期(1月から3月)頃に仮想通貨の現物および先物取引をの提供を予定するErisX社は昨年末にナスダックやフィデリティなど著名金融機関や企業21社から約31億円の出資を受けたことから、右下がりの相場が続いているにも関わらず、有望なブロックチェーン・仮想通貨関連企業へ巨額出資する動きは継続しており、業界の将来にとってもポジティブなことだと言えるだろう。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B