ビットコイン軟調も、今注目しておきたい仮想通貨5選(XRP,LTC,TRX,GRIN,BEAM)|その理由から懸念点まで解説

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコイン軟調も、今注目しておきたい仮想通貨5選(XRP,LTC,TRX,GRIN,BEAM)|その理由から懸念点まで解説
 

ビットコイン軟調も、今注目しておきたい仮想通貨5選(XRP,LTC,TRX,GRIN,BEAM)|その理由から懸念点まで解説

今把握しておきたい注目アルトコイン5選
仮想通貨市場の低迷は1年以上にも及び、投資家の関心は薄れつつあるものの、注目度が上昇しているアルトコインが複数ある。今回はニュース配信の中でみられた注目の動きと、海外コミュニティによる注目度を合わせた形で、現在注目したいアルトコインを5つピックアップする。

金融マーケット全体の地合いの悪さが仮想通貨市場にも波及する中で、好材料や注目度が価格に反映されるのは厳しいと言わざるを得ないが、今後の相場を見る上でも、現在アルトコイン市場の中で見られる注目の動きはチェックしておきたい。

今回は、ニュース配信で見られた動きと、海外コミュニティの関心度を合わせた形で、特に注目されるアルトコイン5つをピックアップする。

まず、2018年に入り、大きく状況が動いたのは、xRapidの採用率増加だ。

しかし、2018年に入り、Ripple社がxCurrent4.0を発表、xRapidへのシームレスな接続を可能にしたことで、xCurrent採用企業もxRapidを選択肢に入れやすい環境を整え、2019年1月に発表されたRippleNet新規加盟企業13社のうち、5社がxRapidの利用も行う方針を固めていることが明らかになった。

特筆すべきは5社の1社が、ロンドンとカリブ海セントルシアに拠点を置くEuro Exim Bankであった点で、銀行では初めてのxRapid採用事例も出てきている。(これまでは国際送金会社がメイン)

また、大きなコストカットができると期待されているxRapidではあるものの、大きな金額送金テストの公開は行われてこなかったが、この度、英Mercury FXが「xRapid」での数百万ドルの送金実験を予定していることを発表。この大口送金でのコストカット実績が公開されれば、同プロダクトの採用にも大きな後押しになるとの期待感が高まっている。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B