ビットコインの底値を採掘コストから分析、仮想通貨EOSはdApps取引量でイーサリアム越え|Diar最新レポート

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコインの底値を採掘コストから分析、仮想通貨EOSはdApps取引量でイーサリアム越え|Diar最新レポート
 

ビットコインの底値を採掘コストから分析、仮想通貨EOSはdApps取引量でイーサリアム越え|Diar最新レポート

ビットコインの最低価格は3000ドル、仮想通貨イオスの台頭
仮想通貨調査企業Diarが最新版のレポートを発表し、マイニングコストから算出したビットコインの底値予測や、2018年のdApps市場の成長に関する内容が公開された。

dApps市場は昨年初め時点ではERC20トークン発行が可能なイーサリアムが市場を独占していたが、7月から台頭を表したイオス(EOS)や仮想通貨トロン(TRX)が現在ではdApps市場のドル換算取引量の9割以上を占めている。

また、1月現在のdAppsにおけるチェーン上の取引額は、イオスが55%、トロンが38%とイーサリアムのdApps市場におけるドミナンスはすっかり無くなっている状況となっている。

またそれぞれの通貨は利用目的などにおいてポジションを確立しつつある。イオスの66%のdAppsはギャンブル関連で、トロンは95%がギャンブル系のdAppsとなっている。

中央集権的な仮想通貨取引所とは違い、自分でプライベートキーを管理できるなど、セキュリティ面においては高い魅力を有する分散型取引所だが、その反面、以下のような懸念点も一部では指摘されている。

またそのほかでも規制面での不安が残っていることも挙げられるだろう。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B