ビットコイン相場の下落トレンドを好機と見る 大手ファンドなどが目論む仮想通貨戦略

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコイン相場の下落トレンドを好機と見る 大手ファンドなどが目論む仮想通貨戦略
 

ビットコイン相場の下落トレンドを好機と見る 大手ファンドなどが目論む仮想通貨戦略

仮想通貨市場の発展に重要なトレンドまとめ
仮想通貨市場は昨年から下落トレンドが続いているが、その中でも機関投資家の参入や関連サービスを拡大する動きが着実に進み、大手機関の動向も明らかになりつつある。投資ファンドの現状から、ファンド関係者がみる戦略、また機関投資家関連の最新動向を追った。
目次
  1. 仮想通貨ファンド
  2. ビットコイン融資
  3. カストディサービス
  4. 仮想通貨の先物取引
  5. 新たな仮想通貨取引所

ブルームバーグによると、仮想通貨ヘッジファンド指標の「Eurekahedge Crypto-Currency Hedge Fund Index」が、2018年の仮想通貨ヘッジファンド収益率を公開した。同指標によると、仮想通貨市場全体のヘッジファンド収益は、平均で70%の損失を形状は計上したという。

しかしこのような下落相場である「今」をチャンスと捉えるファンド経営者や投資家は少ないようだ。

米西海岸に拠点を置く投資ファンドArcaのポートフォリオマネージャーのJeff Dorman氏は以下のように言及している。

多くの投資家は現時点で悲観的になっており、市場撤退を視野に入れているため、ICOトークンだけではなく、企業の買収もファンド側としては破格の価格で購入が可能とみているようだ。

米キャピタルファンド企業MulticoinのマネジメントパートナーのKyle Samani氏によると、新たな傾向が現れているそうだ。

傾向として挙げられたのは、多くの仮想通貨ファンドがベンチャーファンドに切り替えている点、またロックアップ期間によるファンド運用資産残高の流動性は下がっている点、最後に多くのファンドはSAFT契約に注視している傾向だ。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B