SWIFTのCEO、国際決済サービスgpiにR3ブロックチェーン技術の試験統合を公表

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

SWIFTのCEO、国際決済サービスgpiにR3ブロックチェーン技術の試験統合を公表

SWIFTのCEO、国際決済サービスgpiにR3ブロックチェーン技術の試験統合を公表

30日、SWIFT(国際銀行間通信協会)CEOのGottfried Leibbrandt氏は、gpiネットワークをブロックチェーンコンソーシアムR3の「Corda(コーダ)プラットフォーム」に接続するための概念実証(PoC)を実施する事を表明しました。後ほど、R3との統合の詳細を発表する予定だと述べました。

SWIFTは、銀行間の金融取引に関するメッセージの送受信を運用する企業です。同社は現在、200か国11,000以上の金融機関にメッセージングサービスを提供しています。1973年設立以来、SWIFTの世界的な影響力は大きく拡大しました。

しかし、30年前のアーキテクチャと従来のコルレス銀行モデルを使用し続けるSWIFTのメッセージング技術は、効率的なフィンテック技術が誕生する中、スピードや透明性、手数料の面で顧客の不満が高まっていました。

Ripple社のようなフィンテック企業との対抗策としてSWIFTは、ネットワーク全体のメッセージの追跡と透明性を備え、同日送金を約束する銀行間送金サービス「gpi(グローバルペイメントイノベーション)」スキームを2017年に発表していました。

パリでの講演で、Leibbrandt氏は聴衆に向けて以下のように語りました;

「私たちの新しいgpiプラットフォームは非常に相互運用性があり、オープンです。また我々は既に他のネットワークへのリンクも有しています。本日後ほど、R3ブロックチェーンの概念実証を発表します。そこでは取引プラットフォームで支払いを実行でき、それをgpiに取り入れることができます。我々は相互接続性について多くのことを模索しています。」

SWIFTはこの動きを認め、計画の詳細を説明しました。R3との提携は新しいゲートウェイ「gpi Link」を介して行われます。gpiLinkは、第三者の電子商取引や取引形態を直接gpiに接続することを目的としています。Leibbrandt氏によると、R3とのPoCにおいてCordaを使用する企業は彼らの銀行からのペイメントを「gpi Link」を介して承認できるようになります。

SWIFTは2020年までに加盟銀行をすべてgpiに移行することを目指しているため、PoCの展開はR3にとって大抜擢と言えます。
「Corda」は2016年に公開されたR3ブロックチェーンコンソーシアムが開発した分散型台帳技術プラットフォームです。またR3は昨年12月、Corda Settlerを立ち上げました。これは、企業のブロックチェーン内でのグローバルな仮想通貨の支払いを容易にすることを目的としたアプリケーションです。

R3のCEOであるDavid Rutter氏は、次のように述べています。

「Cordaプラットフォームで発生した債務の支払いを可能にするCorda Settler(セトラー)を最近立ち上げた後は、SWIFT gpiにプラグインすることは論理的な拡張でした。SWIFT gpiは急速に世界中で支払いを決済するための新しい標準となっています。そのため、Corda上で実行されているすべてのブロックチェーンアプリケーションは、Swift gpiの銀行群を通じて提供される、高速で安全かつ透過的な決済の恩恵を受けることができます。」

Gottfried氏の発言は、パリ・フィンテック・フォーラムのプログラム、米Ripple(リップル)社CEOのブラッド・ガーリングハウス(Brad Garlinghouse)との1対1のトークセッション「Let’s send the money(お金を送ろう)」で起こりました。

R3はCorda Settlerの最初の決済メカニズムにXRPを選択していました。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B