楽天のブロックチェーンへの取り組み、仮想通貨取引所「みんなのビットコイン」についても言及

楽天のブロックチェーンへの取り組み、仮想通貨取引所「みんなのビットコイン」についても言及
 

楽天のブロックチェーンへの取り組み、仮想通貨取引所「みんなのビットコイン」についても言及

楽天、ブロックチェーンへの取り組み
31日に行われたカンファレンス「Japan Blockchain Conference YOKOHAMA Round 2019」にて、楽天株式会社、執行役員の久田 直次郎氏が登壇し、同社のブロックチェーン技術に関する取り組みについて登壇。同社傘下の取引所「みんなのビットコイン」にも言及。

現在、楽天はブロックチェーン・プラットフォームを提供しており、その詳細が語られた。コンセプトは、ブロックチェーン技術に対する深い知見を必要とせずに、ビジネスに活用できるプラットフォームの提供となっている。また、同技術への深い理解がない既存のエンジニアも対象にしている。

同プラットフォームの構成要素は以下の通りとなっている。

(1) エンタープライズを対象としたブロックチェーン・プラットフォームの環境を提供し、高いセキュリティと、可用性、またクラウドベースでの開発を行える環境を提供している。

(3) ブロックチェーン技術に関して、暗号化キーの安全な管理が非常に重要な要素となるが、鍵の管理は難しい部分もあるため、プラットフォームを通して、容易に管理できる環境を用意している。

現在、楽天プラットフォームを用い、同社が取り組んでいるユースケースが紹介された。

(1) 楽天エナジートレーディングシステムでは、同社が提供するプラットフォームの上で稼働する、二酸化炭素排出権のトレーディングシステムを提供している。その権利をブロックチェーン上で管理することで、このトレーディングシステムを構築している。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B