米ワイオミング州、仮想通貨を分類する法案が法律へ|3月1日より実施

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米ワイオミング州、仮想通貨を分類する法案が法律へ|3月1日より実施
 

米ワイオミング州、仮想通貨を分類する法案が法律へ|3月1日より実施

米ワイオミング州、仮想通貨を分類する法案が可決、3月に実施
米ワイオミング州は、仮想通貨・ブロックチェーン関連技術を積極的に推進していることで注目を浴びている中、先日提出されたデジタル・アセットの法的定義・分類を明文化する法案が、議会による投票で可決され正式に法律となり、3月1日より有効となる。

コインポストは先日この法案の概要を紹介したが、正式に法律となったこのデジタル・アセット法はまず、「デジタル・アセット」をこのように定義する。

そして、「デジタル・アセット」を3つの範疇に分類し、それぞれの定義を定めている。

なお、同法律によれば、仮想通貨(バーチャル・カレンシーズ)は、ワイオミング州の州法律の範囲で「マネー(お金)」として見なされる。

今回可決されたデジタルアセット法の他、ユーティリティ・トークンを資産クラスとして分類する法律の改正案(Wyoming Utility Token Act-property amendments
)と、フィンテックにおけるサンドボックスの関連法案も州議会によって可決され、同じように3月1日より実施される。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B