ナスダック技術提供の仮想通貨取引所が7社へ拡大 審査プロセスも判明

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ナスダック技術提供の仮想通貨取引所が7社へ拡大 審査プロセスも判明
 

ナスダック技術提供の仮想通貨取引所が7社へ拡大 審査プロセスも判明

ナスダック、一部の仮想通貨取引所に市場監視技術を提供
株式市場のナスダックが、独自の市場監視技術を、SBIバーチャル・カレンシーズやジェミナイを含む7つの仮想通貨取引所に提供していることや、取引所の信頼性を判断する審査プロセスの詳細を公表した。

ナスダックの市場監視技術を利用していることを公表している仮想通貨取引所は、昨夏時点でSBIVCとジェミニをふくめた5社であったが、今回新たに7社に増えていることが明らかになった。

また6月には日本のSBIバーチャルカレンシーズもSMARTSを導入していることが明らかになっている。

またナスダック側が仮想通貨に独自の市場監視技術を提供するか判断する際の監査基準が好評され、主に以下のような点が挙げられている。

VanEckのインデックスとナスダックがインデックス技術分野が提携し、仮想通貨市場に向けて、透明性があり、規制に準拠したビットコイン先物取引などのデジタル・アセット商品の取引を提供する予定している。と発表されており、BitcoinETFは取り下げする形で一時的に認可までの日数が伸びている状況ではあるが、新たな先物取引として、Bakktとならんで注目を集めている。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B