機関投資家参入だけではない「ビットコインETFのメリット6選」|VanEck社Gurbacs氏が仮想通貨市場への影響を語る

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

機関投資家参入だけではない「ビットコインETFのメリット6選」|VanEck社Gurbacs氏が仮想通貨市場への影響を語る
 

機関投資家参入だけではない「ビットコインETFのメリット6選」|VanEck社Gurbacs氏が仮想通貨市場への影響を語る

ビットコインETF実現による機関投資家参入以外のメリット
VanEck社デジタルアセット部門マネージャーであるGabor Gurbacs氏が、ビットコインETF実現した時に起こり得る「機関投資家参入」以外のメリットをわかりやすい6つの選択肢で解説した。

ビットコインETFのメリット

流動性の問題

仮想通貨市場における「流動性の欠如」は深刻だ。現状では、一過性のブームとして取引が行われているかどうかを見極めることが困難な状況にあるのも、主にこの問題に起因している。

仮想通貨関連事業の分散化

株式市場は、証券会社や証券保管振替機構、株の発行企業など、各専門機関に分かれて証券の名義情報を管理・取引を行なっているが、現在の仮想通貨市場の多くでは、取引の提供から仮想通貨保有者管理、カストディ機能、査定に至るまで、一社(多くはベンチャー企業)が担っており、その運用コストから破綻などのリスクに至るまで、多様な問題を孕む要因となっている。

カウンターパーティリスク

カウンターパーティリスクとは、デリバティブ取引などにおいて、取引相手(カウンターパーティ)が破綻など、予期せぬ問題による契約履行が行われないリスクの事を指す。

これは、取引側の損失リスクに繋がる可能性があるため、大きな問題であるが、これまでも仮想通貨市場ではこの問題が大きく取りあげられてきた。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B