仮想通貨Zcash、水面下で偽装通貨の発行を可能とする脆弱性を修正 被害報告はなし

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨Zcash、水面下で偽装通貨の発行を可能とする脆弱性を修正 被害報告はなし
 

仮想通貨Zcash、水面下で偽装通貨の発行を可能とする脆弱性を修正 被害報告はなし

匿名通貨の偽造が可能となる脆弱性、秘密裏に修正済みであったことが判明
代表的な匿名通貨Zcash(ZEC)における偽造が可能となる脆弱性が昨年発見されていた事をZcash Companyが公表した。なお、ZEC偽造の脆弱性は既に10月時点で改善されているため、通貨保有者は特別な処置をとる必要はない。
Saplingとは
仮想通貨Zcash(ZEC)のトランザクションサイズの削減や新機能を追加するため、2018年10月に行われた大型アップグレードの名称。以前は暗号化方式zk-snarksを採用したZcashのシールド(保護された)トランザクションのデータ量が非常に重く、ユーザーや取引所には対応が難しかった。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

今回公表された脆弱性は、攻撃者がマイニング報酬時に新規発行される偽装Zcashの生成を可能とするものではあるが、昨年10月末に行われた大型アップデート「Sapling」で既に修正されているため、問題は解決しているとされている。なお、通貨保有者も特別な処置をする必要はない。

公式ブログによると2018年3月1日、Zashカンパニーに雇われていた暗号学者Ariel Gabizon氏がZECを偽造し、理論上では無限発行を可能にすることも確認されていたとしている。

アップデートから公表まで時間がかかった背景として、脆弱性の悪用を懸念したZcash Company側が、改善案が考案、安全環境が確認されるまで、意図的に脆弱性の公表を控えていたようだ。

なお、大型アップデート「Sapling」の主なアップデート内容は、ゼロ知識証明に伴う多大なブロック消費量を大きく削減するもので、トランザクションの高速化だ。そのほかにもモバイル対応、分散アドレス、トランザクションの開示/非開示オプションの採用といった新機能の導入が見られていた。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B