『ビットコインETFの実現は2020年内』米CNBC経済番組で、VanEck社関係者らが見解を述べる

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

『ビットコインETFの実現は2020年内』米CNBC経済番組で、VanEck社関係者らが見解を述べる
 

『ビットコインETFの実現は2020年内』米CNBC経済番組で、VanEck社関係者らが見解を述べる

Brian Kelly氏、「ビットコインETFの実現は2020年内」
米経済番組「Crypto Trader」にて、米著名投資家のBrian Kelly氏とVanEck社の関係者が出演し、再申請された「ビットコインETF」の展望について見解を述べた。

SEC(U.S. Securities and Exchange Commission:米証券取引委員会)について、Kelly氏は規制当局側が求めている項目は明らかにされており、「SEC側はグローバル規模で規制された取引所を求めている」と言及した。

米SEC側と申請を提出した企業の一つであるVanEck社は再三に渡り、重要な課題として以下の3点を挙げている。

現在、アメリカに拠点を置く仮想通貨取引所コインベースはニューヨーク州の金融サービス局(DFS)から、通称「ビットライセンス」と称される仮想通貨・送金ライセンスを取得しており、米国内でも大手の取引所である。

しかし、そのようなコインベースでも、SECの厳しい基準を満たし、ビットコインETF実現に至っておらず、「ICE(Bakktの親会社)やナスダックのような、既に米規制当局の監視下にあるグローバル規模な取引所」の仮想通貨市場参入が必要になるかもしれないと言及した。

また世界規模で、米政府当局に規制されている大手取引所以外で業界に必要なものは、「ビットコインに投資する機会」であると語った。

なお、Kelly氏以外にも、ビットコインETFの再申請を行うVanEck社のGabor Gurbacs氏も、興味深い意見を述べている。

先日まで、ビットコインETFの申請判断が最終期日の「2月27日」まで長引いていたが、米政府閉鎖の影響で、VanEck社は1月24日に一時的にビットコインETFの申請取り下げを余儀なくされており、トランプ大統領が政府閉鎖の一時解除方針を示したことで、CboeはビットコインETFの再申請を行なっている。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B