ウォール街で仮想通貨等の啓蒙活動を行う業界団体、規制当局との協力体制構築を目的にR3コンソーシアムへ加盟

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ウォール街で仮想通貨等の啓蒙活動を行う業界団体、規制当局との協力体制構築を目的にR3コンソーシアムへ加盟
 

ウォール街で仮想通貨等の啓蒙活動を行う業界団体、規制当局との協力体制構築を目的にR3コンソーシアムへ加盟

ウォール街のブロックチェーン団体がR3に加入
ウォール街でブロックチェーンや仮想通貨の啓蒙活動などを展開する非営利団体WSBAが世界中から300以上の金融機関が参加するR3コンソーシアムに加盟する事を発表した。R3社CEOのDavid Rutter氏は今回の提携が「規制当局と協力する戦略的アプローチを推進する」と言及している。

この様に、WSBA当局とも協力しながら、金融市場がブロックチェーン、スマートコントラクト等技術の可能性を最大限のに実現、利用できる環境をつくることを目的として活動している。

WSBAには、世界4大会計事務所の一角であるKPMGや、オープンソースのブロックチェーン技術推進コミュニティであるHyperledgeもメンバーに名を連ねている。

このR3コンソーシアムには、世界各国の中央銀行や規制機関を含む各種業界から300団体以上が参加しており、金融(シンジケートローン、貿易金融、保険)、不動産、サプライチェーン等の幅広い事業分野における分散台帳技術の活用に向けたプロジェクトを推進している。

今年1月30日、SBIホールディングスはR3と合弁会社「SBI R3 Japan株式会社」設立に関する契約締結を発表した。同社は日本におけるCordaライセンス提供や導入支援、企画立案等を行い、日本でのCordaの関連事業の展開をしていく。

また1月31日には、ブロックチェーンのコンサルティングやマーケティングのサポートを手掛けるCTIA社もR3 LLC社と開発パートナー契約を結び、最新のCordaを活かして、貿易会社向けの商業取引向けサービスの提供を発表した

今後もSBIやCTIAのように、R3社と提携を結び、Corda製品によるソリューション開発や事業展開を行う企業が増えるだろう。R3社の活動からますます目が離せない。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B