仮想通貨イーサリアム2.0の新技術導入で、新たに判明した「巨額コスト」

仮想通貨イーサリアム2.0の新技術導入で、新たに判明した「巨額コスト」
 

仮想通貨イーサリアム2.0の新技術導入で、新たに判明した「巨額コスト」

新技術導入に出資金の必要性
現在イーサリアム財団の調査員らは、PoSへと移行する際に重要となる「VDFs」技術を導入するか否かの決断を下すため、リサーチを進めているが、同技術を導入するために巨額コストがかかる点が浮上したという。これを受け、正確な成功確率の見極めが必要である点を強調した。

そのような中で現在、イーサリアム財団の調査員らが力を入れている点として挙げられたのが、PoSへと移行する際に重要となる「Verifiable Delay Functions(VDFs)」と呼ばれる技術を導入するか否かの決断を下すための、リサーチだ。

VDFsは、強力な乱数生成を実現するもので、生成される乱数のランダム性の向上が期待されている。

このランダム性により、移行予定のPoSにおけるバリデータ選出の際に、予測困難性や公平性がもたらされることで、イーサリアム2.0のエコシステムのより良い礎を築く事に繋がると見られている。

しかし、同財団のリサーチでは、VDFsを導入するための壁もある点が記載されており、その内容として、VDFs導入に際し、イーサリアム財団が1500万ドル(約16.5億円)に及ぶ出資の必要性が浮上しているとのことだ。

これは、出資金に関する財政の点ではなく、予想以上の多額出資が必要になった背景から、成功する可能性をより正確に見極める必要が出てきたというものだという。

「RSAセレモニー」以外のテストにおいても、ASICsと呼ばれる「VDFを走らせるためのファームウェア」を開発、テストするために、世界中からのテスト参加者を必要だという。

VDFを導入するためには、基本的に処理速度の高速なASICが必要となる。

トランジスターがASICに接続するための手段として、高度なアルゴリズムに従う必要があるが、そのために、世界一速い処理能力を有する必要はないが、十分な速さの処理能力を兼ね備えていることが求められる。

VDFsが導入されることで、イーサリアムのアップグレード後、より良いエコシステムにつながる可能性はあるが、それを実行するための資金がボトルネックとなり、導入に関する判断が遅れている状況になっている。

ただ、VDF導入に関する調査は着時に進んでいる点は、強調し、今後大きくアップデートされるイーサリアムのブロックチェーンエコシステムに期待感を示した。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B