NY証券取引所の親会社CEO「仮想通貨取引所Bakktへの投資は壮大な賭け」 将来性に大きな期待

NY証券取引所の親会社CEO「仮想通貨取引所Bakktへの投資は壮大な賭け」 将来性に大きな期待
 

NY証券取引所の親会社CEO「仮想通貨取引所Bakktへの投資は壮大な賭け」 将来性に大きな期待

ICEのCEO、「Bakktへの投資は壮大な賭け」
仮想通貨取引所Bakktの親会社ICEが2018年Q4決算説明会にて、純売上高が過去最高と発表した際、今後もBakktへ財政的支援を継続すると明らかにし、大きな期待を寄せている。

昨年8月に発表された『Bakkt』への投資では第1四半期のラン・レートによれば2000万ドルから2500万ドルの費用が発生することを明かし、Bakktの進捗状況と年間の投資レベルを投資家に今後も報告すると約束した。こうしたHill氏の発言を受けて電話会議の出席者の1人、バンクオブアメリカのMichael Carrier氏がBakktへの投資からどれほどのリターンをICEが期待しているかを質問した。

この質問に対して、ICEのCEOを務めるJeff Sprecher氏は、ICEとBakktは別個の会社体制、経営陣、資本を持つユニークな会社であると前置きをし、「現在はICEは過半数株主であり今後も資金調達を行う予定だ。ただ過半数株主であり続けるかあるいはスピンオフするかは、今後の状況次第で判断して決める」と答えている。

さらに、ICEには非常に大規模な小売フランチャイズ、エンドユーザーとのグローバルなつながりがあり、もし新しいビジネスプランが計画通りに展開されれば、Bakktをはじめとする戦略的イニシアチブもエコシステムに取り込まれると期待していると語っている。もっとも、Bakktへの投資に関してはICEが通常行う堅調なビジネスとは異なる方法で展開されており「壮大な賭け(moonshot bet)」であることも認めている。

しかし、2月15日までに新たな政府予算案を通さなければ、再び閉鎖される可能性が高く、今後CFTCによる審査、承認手続きがどのようになされるか、非常に注視されているところだ。

先月、独立の先物取次(仲介)企業Rosenthal Collins Group(RCG)の一部の株を取得する契約が8日に締結された。

この買収のにより、Bakktは「RCG社のチームを迎えることができた」と言及した。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B