仮想通貨に係るビットコインETFの価格操作リスクは低い|米CFTCとSECが異例の対談を実施

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨に係るビットコインETFの価格操作リスクは低い|米CFTCとSECが異例の対談を実施
 

仮想通貨に係るビットコインETFの価格操作リスクは低い|米CFTCとSECが異例の対談を実施

米2大規制当局、CFTCとSECのコミッショナーが揃って、ビットコインETFについて言及
米規制当局のCFTCとSECのコミッショナーらが「ビットコインETFの価格操作」に関して公の場で意見を交わした。両規制当局がETFについて公でディスカッションする場面は極めて異例となる。

米国商品先物取引委員会(CFTC)コミッショナーBrian Quintenz氏は、「ビットコイン先物取引が承認されるためには、容易に価格操作されないことが必要だ。」と発言し、価格操作がビットコインETF承認の重要な要素であることを示した。両規制当局がETFについて公でディスカッションする場面は極めて異例で、重要な見解となる。

その上で、Quintenz氏は以下のようにコメントを行なった。

また、「クリプト・ママ」とも称されるSECコミッショナーの一人であるHester Peirce氏も、ビットコインETFについて以下のように言及を行なった。

同ETF商品は、以下のような商品で構成されていた。

同社は、ビットコインを米ドルや日本円と共に「世界通貨(Global Currency)」と評価するなど、注目を集めていたが、法規制などの壁に阻まれ、申請取り下げに至ったとみられている。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B