ハッキング攻撃もポジティブに 大手仮想通貨取引所バイナンスのCEOが語る「成功の秘訣」

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ハッキング攻撃もポジティブに 大手仮想通貨取引所バイナンスのCEOが語る「成功の秘訣」
 

ハッキング攻撃もポジティブに 大手仮想通貨取引所バイナンスのCEOが語る「成功の秘訣」

バイナンスCEO、CZ氏が語るFUDへの対処法
最大手仮想通貨取引所バイナンスCEOのCZ氏が、これまでの経験からのFUDへの対処法を語った。捉え方によっては競合する取引所などからの「攻撃」はPRになり得ると述べ、ポジティブな姿勢が成功には欠かせないと説明している。

FUDとは

Fear(恐怖)、Uncertainty(不透明性)、Doubt(疑念)の略。根拠のない悪い噂などを指し、市場に蔓延すると、人々が疑心暗鬼になってしまい、論理的な投資が困難になる。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

CZ氏は、仮想通貨取引所の大御所となったバイナンスが、その成長の過程で、業界内の複数グループから数々の「攻撃」を受けてきたこと、そして、その「攻撃」をどのように同社の成長の糧として利用し、今日の成功に結びつけたかについて述べた。

しかし、このような不当な理由から行われたバイナンスに対する攻撃は、同社を利することはあっても、害することはできなかったと実際の例を挙げている。

CZ氏は、業界大手が新参者を攻撃する理由は、後者が何らかの脅威を与えることとその信頼性を恐れているためであり、より広範囲のユーザー到達度を持つ大手が、バイナンスの社名を広めることに一役買ってくれたことに感謝していると述べた。

また、バイナンスは詐欺であるとか、違法であるとの主張も、バイナンスへの上場申請が却下された仮想通貨プロジェクトや、KYC関連書類不備のため、法人口座の開設を拒否された取引所などから、度々行われたとCZ氏は言及したが、その論理性の欠如を一笑に付しているCZ氏は以下のように述べている。

バイナンスは、ここ4ヶ月の間に法定通貨建取引が可能な取引所を、イギリス王室属領Jerseyとアフリカのウガンダで開設、さらに、先月末には、クレジットカード決済対応を開始し、法定通貨による仮想通貨取引のアクセスを拡大している。そして、先日12日、同取引所のバイナンスコイン(BNB)がBTC建の最高値を記録するなど、バイナンスの勢いは衰えることを知らないようだ。 

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B