大手仮想通貨投資ファンド、過去最高業績を記録|出資比率はビットコインが約9割、機関投資家は66%に

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

大手仮想通貨投資ファンド、過去最高業績を記録|出資比率はビットコインが約9割、機関投資家は66%に
 

大手仮想通貨投資ファンド、過去最高業績を記録|出資比率はビットコインが約9割、機関投資家は66%に

ビットコインへの出資が強まった2018年
世界最大級の仮想通貨投資企業Grayscale社が2018年10月から12月にかけての業績レポートを公開した。長らく弱気相場が続いた2018年においても過去最高の資金調達額を記録していることから、仮想通貨への期待が高まっていることが伺える。

2018年第3四半期の結果は以下のような結果となった。

仮想通貨市場にとっては苦しい秋だったため、同期間の資金流入額は過去最低水準だった。

しかし2018年全体での数字は同社の2017年時の調達額の約3倍で、2014年から2017年にかけての総調達額の2倍と、仮想通貨市場が弱気相場にあっても、過去最高の業績を残した形となっている。

同社の提供するビットコイン信託(Bitcoin Investment Trust)では、2018年末に投資家から集められた資金の88%はビットコイン信託に行われており、12%のみがその他のデジタル資産に対するものだった。

また仮想通貨市場の再浮上に欠かせないと見られている機関投資家からの数字も投資家の半数を占めていた。約4割が退職金口座から行われているのも興味深い。

特筆すべきは2018年全体のおける投資の66%が機関投資家から来た点だ。

また次に高い退職金口座に関しては先日、米バージニア州の警察官など公務員用の2つの年金基金が仮想通貨ファンドに出資していたことが話題となっていたばかりである。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B