米大手銀行JPモルガンが独自仮想通貨を発行|ビットコイン懐疑的な見方の変化に期待の声

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米大手銀行JPモルガンが独自仮想通貨を発行|ビットコイン懐疑的な見方の変化に期待の声
 

米大手銀行JPモルガンが独自仮想通貨を発行|ビットコイン懐疑的な見方の変化に期待の声

JPモルガンが独自仮想通貨「JPMコイン」を発行
米国大手銀行JPモルガンは、米国の銀行で初となる独自仮想通貨の発行を行う。システムの詳細も明らかになり、利用対象者として挙げられたのは同行の大口顧客だ。

JPモルガンといえば、同行CEOのジェームズ・ダイモン氏の「ビットコインは詐欺」発言が度々行われた事で、仮想通貨への懐疑的な立ち位置を取っていると見られていたが、ここにきて独自通貨発行に踏み切ったことで、その動向の変化に今後を見据えた動きを期待する声が高まった。

「JPMコイン」は、同行のエンジニアにより開発されたもので、ステーブルコインとよく似たシステムを取っている。しかし、ビットコインのように全ての人が利用できる一般の仮想通貨とは異なり、利用可能な対象者が限定され、企業や銀行、ブローカーなど、同行の大手顧客がその対象となる模様だ。

よって、一般投資家がこの通貨を購入することは現時点では難しく、その使用用途も大きく異なるものと見られている。

利用法としては、まず顧客が米ドルを手付金を支払った時点で、その金額と同額のトークンが新規発行され、そのトークンが介在する形で、決済がブロックチェーン上で行われる仕組みを取っている。

決済が完了すると、そのトークンが消滅し、そのトークンと同額分のドルが、支払先の顧客へと渡るといった形だ。

JPモルガンのブロックチェーン・プロジェクト代表のUmar Farooq氏は、以下のように語っている。

現在この世に存在する全てのものが、ブロックチェーン上で動くことで、取引の支払いレッグとなる。

このアプリケーションの応用範囲は無限であり、企業や機関に関係する分散型台帳すべてに利用することが可能だ。

またJPモルガン社の発表によると、JPMコインは同行が独自に開発した企業向けのイーサリアムベースのブロックチェーンネットワーク、Quorumで提供される予定だが、今後は他のプラットフォームでも取り扱いが可能となるそうだ。

なお、KYCを行い、認定された機関クライアントのみがJPMコインの所有・送金可能となる。

Farooq氏によれば、初期段階として、JPMコインを利用した3つのアプリケーションがあるとのことだ。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B