米SEC、仮想通貨トークンの不正有価証券販売の訴訟に新たな展開|米地裁がBlockvest社に差止命令を発令

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米SEC、仮想通貨トークンの不正有価証券販売の訴訟に新たな展開|米地裁がBlockvest社に差止命令を発令
 

米SEC、仮想通貨トークンの不正有価証券販売の訴訟に新たな展開|米地裁がBlockvest社に差止命令を発令

SEC、対Blockvest社の新証拠提出
米連邦裁判所は米時間14日、米国証券取引委員会(SEC)が不正有価証券販売の主張で訴訟中の仮想通貨企業Blockvest社に対する新たな証拠を認可し、業務の差止命令を発動させた。

しかし今回、Gonzalo Curiel裁判官は、SEOによって提示された新たな証拠に基づく、将来の証券法違反の危険性を指摘し、Blockvest社とその創設者であるReginald Buddy Ringgold III氏に対する差止命令を正式に出した

米仮想通貨ウォレットBlockchainの社長兼「米国デラウェア州公認の国際通貨基金(IMF)の法律顧問を務めるMarco Santori氏は今回の裁判官の判断について、下記のように詳しく解説している。

まず、今回、連邦裁判所が過去の判決を再検討することは非常に稀であるとしている。

そのため、SECはトークンとは別の利益配分があったという議論をするために、第一審でBlockvest社の記名がある実際の小切手を証拠として提示したが、裁判所はこれを不十分とした。実際「お金の投資」があったという明白ではなかったからだ。

前回の却下を受け14日にて、SECは裁判所が実際には投資のオファーがBlockvest社によって行われていた事実を見逃しているとして、新たな証拠を提示した。

それは、Blockvest社ウェブサイト上の”BUY NOW”「今すぐ購入」ボタン機能であるとSECは指摘している。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B