米SECのビットコインETF審査開始が続々と発表 |トランプ大統領予算案署名による影響

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米SECのビットコインETF審査開始が続々と発表 |トランプ大統領予算案署名による影響
 

米SECのビットコインETF審査開始が続々と発表 |トランプ大統領予算案署名による影響

BitwiseのETFが審査開始
米SECの公式声明によると、先月Bitwise社が提出したビットコインETFの申請にかかる審査が正式に始まった。今週、BitwiseおよびVanEckのETF審査カウントダウンがスタート、今後の流れも注目される。

声明文では、Bitwise社のビットコインETFに対して、「2月11日より、パブリック・コメントの募集を始める」という。つまり、SECによる正式審査が始まり、最大審査期間【240日】を設けることも考えられる。

昨日、コインポストの速報
で伝えたように、有力視されているVanEck版ビットコインETFの再申請にかかる審査も開始されたが、Bitwise社が提供しようとするビットコインETFはこのように異なる点が挙げられる。

米時間15日、米有力紙WashingtonPost
などのメディアの報道によると、現米国大統領は3330億ドルの政府予算案に同意し、署名した。なお、今回の予算は多くの政府省庁がおおよそ今年の9月まで業務の継続を可能にする模様だ。

つまり、ビットコインETFの申請やCFTCの審査にかかっている仮想通貨取引所Bakktには、政府閉鎖による結果判断プロセスを中断される恐れはひとまず解消されたと考えられる。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B