米規制当局へ「仮想通貨イーサリアムの意見書」が提出:ETH先物取引がロバストで流動性の高い市場を実現する

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米規制当局へ「仮想通貨イーサリアムの意見書」が提出:ETH先物取引がロバストで流動性の高い市場を実現する
 

米規制当局へ「仮想通貨イーサリアムの意見書」が提出:ETH先物取引がロバストで流動性の高い市場を実現する

米CFTCにイーサリアムの意見書が提出
ナスダックやフィデリティ等の巨大金融機関から出資をうけた次世代仮想通貨取引所ErisX社は、米国商品先物取引委員会(CFTC)に対してイーサリアムの仕組みと市場に関する意見書を提出した。これはCFTCからの要請に応えたものであり、「イーサリアム先物取引が規則に則り運用されることで、市場の成長や成熟にプラスの影響を与えるであろう」との積極的な内容となっている。

と述べている。

2018年6月、イーサリアムも有価証券ではないと発表された。つまり、イーサリアムは証券取引委員会(SEC)の管理下になる「有価証券」ではなく、商品取引法(CEA)の監視の対象となる「商品」であると宣言されたことになる。

と敬意を表している。その上で、「イーサリアムの先物取引をCFTCによる規制に則った市場に上場し、そこで取引が行われる。この道筋は、そうしたCFTCの取り組みとも整合する」との信念を述べた。

意見書の中ではイーサリアムとビットコインの概念的な違いについて

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B